松本人志も言及…五輪開催「猛批判」からの中継は矛盾!?玉川徹「何言う問題」!

拡大画像を見る

 6月21日、日本民間放送連盟(民放連)が東京五輪の開催期間中のテレビ各局の中継タイムテーブル、割り当てを発表した。民放地上波テレビ各局が担当日を決め、各日で午前9時~午後11時の間、基本的に生中継を中心とした長時間放送を行うという。

 このニュースに対し、怒りの声が殺到している。ネットには「民放はオリンピック開催に反対の立場なんだから、中継を割り当てる必要はないと思うんだが……特にTBS、フジ、テレ朝にはその資格はないと思う」「これだけ五輪開催に疑問符ばかり言っている各局が五輪中継はしっかりやるって、ほんと節操ないと思いますねぇ」といった意見が多数上がっているのだ。

「民放の報道番組、情報番組、ワイドショーなどには、五輪の開催に疑問を呈したり、反対のスタンスの番組も多いですからね。五輪開催に反対していたにもかかわらず、いざ始まったら手のひらを返して中継で大会を盛り上げる、というテレビ各局の矛盾ともとれる姿勢に納得がいかないという人が多いのもうなずけます」(芸能記者)

 さらに「サンデーモーニングやバイキング、オリンピックに否定的なことしか言わない番組は、オリンピックに関しては、期間中一切触れないでほしい」「テレビ朝日は朝日新聞もモーニングショーも反対の立場を取っているのだから、当然独占放送権利を他のテレビ局に渡すでしょ。そうしないと辻褄が合いませんよ」と、番組を名指しして批判する人も少なくない。

「たしかに『サンデーモーニング』(TBS系)や『バイキング』(フジテレビ系)では、五輪開催に疑問を呈するコメントをよく見聞きします。羽鳥慎一(50)がMCを務める『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)も、五輪開催に反対のスタンスをとる番組の代表格と言えるでしょうね」(前同)

■会場での酒提供に批判殺到!「国民を舐めすぎだろう」

 6月22日の『モーニングショー』では、東京五輪・パラリンピック組織委員会が、会場で観客への酒類の販売を認める方向で調整していることを報じた。

 これにコメンテーターでテレビ朝日局員の玉川徹氏(58)は「本当にやるの? 本当にやるのこれ」と唖然とした様子で、「直行直帰で寄っていけないところは、お酒を出すところなんでしょ。お店に関しては“お酒を出すな”って言っているんでしょ。オリンピックが開かれる東京だけど、会場の中はお酒OKって」とコメント。

 さらに「これ、居酒屋とかバーの人が聞いたら激怒じゃないですか。矛盾してますよ、論理が」と呆れつつ語る場面があった。

「そもそも、本来は開催の是非が問われていたにもかかわらず、無観客での開催が決まったかと思いきや、会場の収容定員の50%以内、1万人を上限に観客を入れることが決まり、さらに会場でお酒の販売もする方針が示されたわけですからね。飲食店関係者が怒りを抱くのは当然ですし、玉川さんじゃなくても呆れてしまうような話ですよね」(スポーツ紙記者)

 会場での酒の販売について、ネットには「会場内で酒類販売など、感染対策上最もやってはいけないのに、それが分かっていない組織委員会には、怒りを通り越して呆れるしかない」「なし崩しでどこまで行こうとしているのか、国民を舐めすぎだろう。開催の有無から始まって、観客の有無そして数、果てにお酒の提供って」といった声が上がっている。

「ただ、懸念されるのはそんなことを言っている玉川さんが、いざ大会が始まったら、開会式や閉会式の演出について“素晴らしいですね。感動しました”とコメントを出すと“ダブルスタンダードだ!”と指摘されてしまいかねない。

『モーニングショー』をはじめ、五輪開催に反対している論調の番組でも、五輪の各競技の結果や経過について取り扱わざるを得ないでしょう。また、好成績を残した選手の人となりや生い立ち、インタビューなど、特集を組んだりもするはずです」(前同)

■松本人志は「別にダブルスタンダードとは言わない」と指摘

 6月20日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したダウンタウンの松本人志(57)も、五輪中継におけるマスコミのダブルスタンダードについて言及している。

 五輪報道について松本は「ワイドショーがオリンピック否定的やのに、始まったらどうせ、そっち行くんやろう、みたいに一部言う人いますけど、あれ、めちゃくちゃよね。別にダブルスタンダードとは言わないと思うんです」とコメント。

 また、開催による新型コロナウイルスの感染拡大については「そこに対する不安はあるよ」としたうえで「あるけども、始まったらアスリートたちの頑張りは別じゃない? っていう。そこ怒っている人たちが結構いるんです。あれ、不思議だわ」と語った。

「玉川さんも“選手の頑張りは別だ”という考えは、松本さんと一緒でしょう。ただ、開催自体の是非については、たびたび疑問を呈しています」(前出のスポーツ紙記者)

■“なし崩し強行開催”の菅首相を名指し批判

 5月31日の『モーニングショー』で、玉川氏は「一番問題だと思うのは、日本のトップの菅総理が正面から国民の疑問に答えていないということなんですよね」と菅義偉首相(72)を名指しで批判。

 さらに「どうしても政府としてオリンピックを開催したいのであれば、国民にそれを納得してもらうという過程が必用だと思うんです。だって国民がいくら反対していても開催するという話ではないでしょ」と疑問を呈した。

 また、「国内でも海外でも、このパンデミック下で、さらに感染者が増えているという状況の中で、なぜオリンピックを開催するのかという疑問が解消できていない。だから世界中から疑問の声が上がるし、国民の中でも多くの人が今年中は厳しいと考える」とし「もしも政府の中に十分に納得できる理由があるのであれば、それをきちんと伝えるべきだと思いますよ。納得できれば国民だって協力するだろうし」と語った。

 しかし、最後には「でも、むしろないんだろうなと。我々を納得させられる理由がないから、あんな逃げ方をしているんだろうなって映っていますよ」と再び菅首相批判を展開した。

「これまで疑問を呈してきた玉川さんが、なし崩し的に強行開催される五輪の大会期間中にどのようなコメントをするのか。『モーニングショー』でも従来通り、“メダリストの素顔”に迫るような企画をやるのか、すごく難しいところにありますよね。

 ただ、そのときに玉川さんが“僕は出ません”や“僕はコメントしません”ということができれば別でしょうが、難しいでしょう。それぐらいしたほうが筋が通っているとは思いますが。当然、『モーニングショー』だけでなく、テレビ各局がどのようなスタンスをとるのか気になるところです。すでに“矛盾している”という批判が殺到しているわけですからね」(前出のスポーツ紙記者)

 五輪開催中、舌鋒鋭い玉川氏からどのようなコメントが飛び出すのだろうか――?

関連リンク

  • 6/23 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます