『るろ剣』佐藤健のアクションは世界で勝つ!?「海外で活躍しそう」な俳優10人

拡大画像を見る

 小栗旬のハリウッドでビュー作、映画『ゴジラvsコング』が7月2日公開される。小栗は、この映画出演のために2019年家族でアメリカに拠点を移し、当初2020年の春に帰国予定だったがコロナ禍になり、7月に帰国。今後もチャンスがあれば、海外作品に挑戦していくという。また5月には、新田真剣佑が本格的な海外進出のために渡米。新田は、今後の活動のために4月に所属事務所を退社し、今後は海外での仕事をメインに活動していく予定だ。最近では、2人のように日本だけでなく、海外を視野に入れた活動を目指す俳優が増えてきた。そこで10~30代の女性100人に「海外で活躍すると思うイケメン芸能人」について聞いてみた。

 第3位は、新田真剣佑。

 現在公開中の佐藤健主演映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で、佐藤演じる緋村剣心の宿敵・雪代縁を演じている新田。アメリカ生まれで、高校を卒業するまでハリウッドで暮らし、2014年から日本で芸能活動をスタート。再びアメリカで活動するために、今年、日本を発った。3月公開の主演映画『ブレイブ-群青戦記-』の舞台あいさつで、「必ず結果を残して帰ってきます」と意気込みを語っていた。

 新田を選んだ人からは、「英語がペラペラ。外国のノリや空気感も理解しているだろうから、自分の魅力を最大限に発揮できそう」(23歳/女性/主婦)、「英語も堪能で体格もしっかりしている。日本でも海外でも活躍できそう」(21歳/女性/学生・フリーター)「世界で通用する美形だとおもう」(31歳/女性/広報・宣伝)、「見た目もかっこいいし、演技力もあるから」(37歳/女性/総務・人事・事務)などの理由が挙がった。

■世界にも通用しそうなアクション

 第2位は、佐藤健。

 公開中の主演映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』が大ヒット中の佐藤。今回で完結する『るろうに剣心』シリーズだが、同シリーズは海外でも人気があり、今作の予告編が公開されるとSNS上では、アメリカをはじめ世界各国から公開を望む声が上がった。今年3月末に親友の神木隆之介と所属事務所から独立、新会社でいろいろなことに挑戦している佐藤。今後、海外進出もあるかも!?

 佐藤を選んだ人からは、「漫画の実写作品に結構出演していて、日本の漫画やアニメは海外で人気があるので外国人ウケが良さそう」(36歳/女性)、「仕事への意識が高く、向上心が高い。日本で十分に地位を築いたので海外に目を向けていそう」(27歳/女性/学生・フリーター)、「るろうに剣心の実写版でのアクションを見ていると、海外のアクションものにも出られるんじゃないかと感じるから」(32歳/女性)など、海外での活躍を期待する声が続いた。

 そして第1位は、山下智久。

 海外での活動に目を向け、2020年10月にジャニーズ事務所を退所した山下。ジャニーズ在籍時から英語の勉強を始め、語学力はかなりのハイレベル。退所前2019年に、2020年配信のHuluオリジナル大型国際ドラマ『THE HEAD』の撮影のためにスペインに滞在。現地でキャストやスタッフと交流する様子をインスタグラムで報告していた。また退所後の2020年11月には2022年公開予定のハリウッド映画『The Man From Toronto』の撮影でカナダに滞在。インスタで「僕は今カナダに来ています。こちらでの生活をしながら今できる事を始めています」「まだ大きな役は頂けませんが、現場の空気に肌で触れられるだけで、感動し、心が躍っています」と心情をつづっていた。

 そんな山下には、「英語が流暢だし、海外でも通用するかっこよさだから」(18歳/女性/学生・フリーター)、「英語も話せるし演技もできる」(28歳/女性/主婦)、「まじめなので、どこに行っても活躍しそうだから」(27歳/女性/総務・人事・事務)、「人に嫌われなさそう。モデルとか俳優業とか海外でも通用しそうな感じがした」(30歳/女性/公務員)、「誰が見てもイケメンだから、海外でも需要がありそう」(39歳/女性/主婦)など、英語力とルックスを絶賛する人がほとんどだった。

 これまで真田広之や渡辺謙、新田の父親である千葉真一など、海外で成功したベテラン俳優はいたが、今後は若手の活躍にも期待できそうだ。

関連リンク

  • 6/23 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます