収納性抜群!燕三条のアウトドア用品ブランドから「スクエアケトル」が登場


新潟県にある燕市と三条市は、世界的にも評価される金属加工技術をもつ地域。そんな“燕三条”からスタイリッシュなバーベキュースタイルを発信するアウトドア用品ブランド「TSBBQ(ティーエスビービーキュー)」が、アウトドアやおうち時間を充実させるカフェアイテム「スクエアケトル」6,500円(税抜)を、6月21日(月)に発売した。

オール熱源対応のスクエアケトル


「スクエアケトル」は、スクエアフォルムの驚くほど薄いアウトドアケトル。底面積が広いため熱効率がよく、沸騰までスピーディー。すっきりしたデザインで、IHキッチンでもアウトドアのシングルバーナーの上に置いたときの安定性にも優れている。IHコンロ含むオール熱源対応可能というのもポイントだ。

バッグに収まりのいいコンパクトタイプ


同商品のハンドルは天板に設けた凹状の溝にすっきり収納できる。蓋も凹形にデザインし未使用時の天板はいつもフラット。


蓋のつまみを無くし、ハンドルも収納できるスッキリしたフォルムで、バッグにも収まりのいいコンパクトタイプとなっている。


また、同商品は蓋に付いたツメが本体にハマる回転ロック式だ。フラットな形状にこだわって、ツマミ部分をカット。収納時に場所をとらない省スペース化を図っている。


蓋には6カ所の凹凸を設けており、この溝が本体と蓋に隙間をつくって蒸気を横方向へ逃し、ハンドルが高温になるのを防ぐ。


さらに、水入れ口にもなる注ぎ口は水垂れしにくく、少量でも注ぎやすい形状。


コーヒードリップにも対応している。

アウトドア・ブランド「TSBBQ」

「TSBBQ」は、ものづくりの町“燕三条”の金属・木製品加工技術を結集し、三条市に本社を構える山谷産業がアートディレクターの石川竜太氏、プロダクトデザイナーの高橋悠氏とともに立ち上げたアウトドア・ブランド。

「スクエアケトル」の製造は、「TSBBQ」シリーズを企画販売する山谷産業と、日本有数の金属加工の町“燕三条”のメーカー杉山金属のコラボレートによるものだ。

同商品は、山谷産業公式ウェブショップ「村の鍛冶屋」にて購入可能。

収納性抜群の四角い「スクエアケトル」で、アウトドアやおうち時間を充実させてみては。

【商品概要】
サイズ 幅:162mm 高さ:52mm 奥行:160mm
適正容量 0.7L 
重量 590g
素材 ステンレス
熱源 IHコンロ、ガスコンロ、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、電気プレート、炭火

画像をもっと見る

  • 6/22 23:32
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます