『Night Doctor』“朝倉”波瑠の救命ぶりにネット興奮「惚れる」 岸優太の熱演にも反響

 女優の波瑠が主演する月9ドラマ『Night Doctor』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話が21日に放送され、波瑠ふんする医師の朝倉が、同僚・深澤(岸優太)の妹を救う姿に、ネット上には「かっこよすぎる」「王子様かよ…」といった反響が寄せられた。また、同僚の深澤にふんする岸優太の熱演にも大きな反響があった。

 本作は、主人公の朝倉美月(波瑠)が、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」結成のために集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちと共に奮闘する青春群像医療ドラマ。

 病院スタッフの働き方改革を目指す柏桜会グループはあさひ海浜病院に夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”を立ち上げる。医師6年目の朝倉(波瑠)は新たな就職先にナイト・ドクターを選ぶ。スタート初日、スタッフステーションには美月のほかに、医師4年目の深澤新(岸)、医師11年目の成瀬暁人(田中圭)、医師3年目の桜庭瞬(北村匠海)、同じく医師3年目の高岡幸保(岡崎紗絵)の5人が集まる。そんな5人をニューヨーク帰りの本郷亨が指導医としてまとめる。

 初日から次々と運び込まれる重症患者に、救命の現場を知らない深澤と桜庭は戸惑うばかり。数日の勤務を終えた頃、深澤は救命救急の壮絶な現場に耐えられないと考え、ナイト・ドクターを辞めることを本郷に伝える。

 そんな中、花火イベントの会場で爆発事故が発生。救命の要請を受けたナイト・ドクターの面々は現場に急行。そして休みに偶然会場近くでデートをしていた朝倉も合流する。一方、病院に1人残された深澤は、新たな患者の受け入れ要請に、初日の記憶がフラッシュバック。「受け入れできません」と断ってしまうが、その患者は深澤の妹・心美(原菜乃華)だった。

 朝倉は、現場近くで立ち往生している心美の救急車を見て、「何もしないで見捨てることだけしたくありません!」と担当を志願。救急車に乗り込みあさひ海浜病院へ向かう。朝倉の強い意思と行動力に、ネットでは「朝倉先生かっこよすぎる」「朝倉先生好きすぎる。かっこいい」「カッコよすぎて惚れる」「朝倉ぁああああああああああ王子様かよ…」「朝倉医師の女神感」などの声が集まった。

 深澤は、搬送されてきた患者が心美であることを知って驚がく。朝倉が心美の命を救う様子を見守りながら静かに涙を流す。その後、深澤が医師としてナイト・ドクターに留まることを決意したところで第1話の幕が閉じる。岸の熱演に「こんなに演技派だとは知らなかった」「バラエティの時とはまるで別人」「目の演技がすごすぎる」など驚きと称賛が相次ぐ一方で、「深澤先生がどう成長していくか楽しみです!!」「深澤先生応援したくなる」といった役どころへの応援コメントも寄せられた。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/22 18:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます