今夜スタート『Night Doctor』波瑠、田中圭、岸優太ら、夜の病院で絆を紡ぐ救命医チームに

 女優の波瑠が主演する月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系/毎週月曜21時)が今夜スタート。知られざる夜の病院の実体を描きながら、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」結成のために集められた5人の若き医師が唯一無二の絆を紡いでいく。

 本作は、波瑠ふんする医師・朝倉美月が、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」結成のために集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちと共に、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら奮闘する青春群像医療ドラマ。

 波瑠が、過酷な状況で命と真摯に向き合う若き医師・美月を演じ、チーム「ナイト・ドクター」のメンバーとして田中圭、岸優太(King & Prince)、北村匠海、岡崎紗絵と個性豊かな俳優陣が共演。沢村一樹がチームをまとめる指導医役で出演する。脚本は、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』『グッド・ドクター』(共にフジテレビ系)の大北はるか。

 病院スタッフの働き方改革を目指す柏桜会グループが『あさひ海浜病院』に夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”を立ち上げることになった。医師の朝倉美月(波瑠)は新たな就職先にナイト・ドクターを選ぶ。

 スタート初日、スタッフステーションには美月のほかに、深澤新(岸)、成瀬暁人(田中)、桜庭瞬(北村)、高岡幸保(岡崎)の5人が集まる。深澤は、街で倒れたホームレスの診療に手間取っていたところに代わり、鮮やかに処置した美月を見て驚く。美月は深澤に、「処置出来ないなら医者を名乗るな」と言い放っていたのだ。

 5人の指導医は本郷亨(沢村)。自分の指導について来られる者だけついてこいと厳しい言葉をかけていると、ホットラインが鳴る。工事現場の崩落事故で3名の重症者が出たとのことで、本郷は全員の受け入れを許可する。

 運び込まれた重症患者に、救命の現場を知らない深澤と桜庭は戸惑うばかり。本郷に応じるのは救命経験のある成瀬。美月と幸保は食らいついて行く。しかし重傷者たちの処置を始めた矢先、崩落現場で新たな重症者が発見される。搬送された患者の足は重度の損傷を受けてクラッシュ症候群を起こしていた。本郷は美月に切断を指示するが…。

 ドラマ『ナイト・ドクター』第1話は、フジテレビ系にて6月21日21時放送。初回30分拡大。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/21 7:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます