有吉弘行がイジった渡部建、松本人志「1年無視」の宮迫博之、2大事件芸人の今!

拡大画像を見る

「2021年の6月。“闇営業”騒動の雨上がり決死隊の宮迫博之(51)が2年、“多目的トイレ不倫”のアンジャッシュの渡部建(48)が1年。大人気芸人だった2人が地上波のテレビ番組から姿を消してから、それぞれの節目となるタイミングとなりました」(夕刊紙デスク)

 宮迫は、2019年6月発売の『FRIDAY』(講談社)で、カラテカの入江慎也(44)の仲介で振り込め詐欺グループの忘年会に出席していたいわゆる“闇営業”問題が報じられた。当初、宮迫はギャラの受け取りについて否定していたものの、「一定の金銭を受領していた」と認められ、同年6月24日をもって活動停止の謹慎処分となって以降、地上波テレビからその姿を消した。

 一方の渡部は、2020年6月の『週刊文春』(文藝春秋)で“多目的トイレ不倫”が発覚。報道に先立つ同年6月9日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を最後に、番組出演の全面自粛を申し入れ、同じく姿を見ることはなくなった。

「宮迫はテレビにこそ復帰していませんが、2020年1月からYouTuberとして活動をはじめ、チャンネル登録者141万人を抱える人気クリエイターになっています。最近でも5月23日に地上波レベルの豪華セットを設けた料理番組『有頂天レストラン』を配信し、話題となりました。

 再生数は約74万回(6月21日17時現在)と爆発的ヒットではないものの、徐々に数字を伸ばしてきていて、今後もシリーズとして続くのか目が離せないコンテンツです。また、明石家さんま(65)プロデュースのアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』にも、セミ役で起用されていましたね」(前同)

■渡部には「激ヤセ」証言……

 渡部は昨年12月に都内で会見を行い、騒動について謝罪した。

「2月には、豊洲市場でアルバイトしているという報道もありましたが、未だに復帰の話は聞こえてきません。3月15日深夜に放送された『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)で渡部と親交の深い芸人・いけだてつや(38)が“元気になさっているんですけど、ちょっと自粛期間で痩せられまして”と渡部の近況を報告していました」(お笑いライター)

 元気でありながら、宮迫とは違いYouTubeなどネット上での活動もしていない渡部。本人からのアクションはないものの、ここにきて同業者から彼の話が出てきている。

「6月18日放送の『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、“皮に包まれている食べ物”についてのトークが行われていて、マツコ・デラックス(48)が、生春巻きを“結局スイートチリソースを食べてる”とコメント。これに有吉弘行(47)が“そうだね。スイートチリソースはおいしいよね”としつつ、“そう言ってると渡部さんなんかが『そりゃダメなんだよ』とか言って”と渡部をイジったんです。

『かりそめ天国』では、2019年1月の放送回で展開されたポン酢に関する舌戦をきっかけに、渡部と有吉は対立関係にあるという演出があって、有吉から渡部への口撃はおなじみ。そのため、マツコは待ってましたとばかりに、“最近出してこないからさ、寂しいと思ってた。やっぱ忘れてないね”と反応していましたね。

 さらに有吉は畳み掛けるように、“渡部さんって刑務所入ってるの? ずいぶん見ねえけど。何どうしたの? 出てこないけど”と強烈なイジりをしていました」(前同)

■突然放り込まれた“多目的ボケ”

『かりそめ天国』の放送から2日後、6月20日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも、視聴率の話題で渡部イジりが飛び出した。

「ダウンタウンの松本人志(57)が“我々はもっと多目的にやっていかないといけない”とコメントしたところ、この日出演していた渡部の相方の児嶋一哉(48)が“多目的っていうワードやめろ! 思い出しちゃうから”とツッコミを入れました。

 このやり取りをきっかけに東野幸治(53)が、渡部と会ったのか質問し、児嶋が“お会いはしてないですけど、ちょっと連絡来たりはしました。反省してます、みたいな”としどろもどろに答えていました」(前出のお笑いライター)

 有吉、松本という現在、地上波テレビのど真ん中にいる大物2人からの渡部イジりがあった一方、宮迫についても6月17日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で名前が出た。

「本編トーク終了後に蛍原徹(53)と番組の演出とプロデューサーを兼務する加地倫三氏が、オリジナルの動画サービスなどが受けられる『アメトーークCLUB』の開設を報告。サービスの説明をする中で加地氏が懐かしい映像を“モザイクなしで”とコメントします。

 蛍原は“モザイクなし?”“そもそもモザイクってどういう事なの?”と聞き返すと、宮迫と蛍原の番組でのツーショット静止画が出てきて、宮迫だけモザイクがかかっていたんです。加地氏は“今、地上波だと、どうしても切るじゃないですか”とコメントし、蛍原が苦笑いしていましたね」(前同)

■地上波で存在が消えた宮迫の一方、渡部の“復帰”は近い!?

 お笑いプロ関係者は言う。

「宮迫さんは、コンビの代表作にしてテレビ界でのホームグラウンドとも言える『アメトーーク!』でイジってもらえたものの、『ワイドナショー』では、松本さんは渡部さんしか触れていません。闇営業騒動が過熱していた当初は、『ワイドナショー』でも松本さんは度々宮迫さんについて触れていたのですが。

 最近は、2020年11月の『ワイドナショー』で、『R−1ぐらんぷり』が『R−1グランプリ』に表記が変わったことについて、“カンテレ(関西テレビ)が宮迫のイメージを払拭したかった”と2004年から2019年まで大会の司会を務めた宮迫さんに絡めて、サラリとボケをかましたことはありました。

 2020年2月の放送回では、宮迫さんのYouTubeチャンネル開設について、“ちょこちょこ報告めいた電話はもらっていて、でもそれはあくまでも報告で相談ではないので、僕は『そうかそうか。そうなんや』ということぐらいしか。ましてや、さんまさんのところにお世話になると言ってますし、俺が今何か言える立場ではないので話を聞くしかないんですが”とし、“今回のYouTubeに関しては『ちょっとどうなの』とは久しぶりに言いましたよ”と、宮迫さんに苦言を呈したと明かしたときがありました。ただ、ボケとしてではなく、しっかり宮迫さんについて触れたのは、この2020年2月が最後になるんです」

 松本の口から、真剣に宮迫の話題が語られることは久しくないのだ。

「3月で終了した『松本家の休日』(朝日放送)では長年共演していた2人。松本さんが宮迫さんらとプライベートでの食事に行くこともよくあったといいますが、そんな宮迫さんは今、松本さんと連絡が取れていない状況だともささやかれています。そうした今、地上波テレビ復帰の道筋は全く見えていない状況といえそうです。

 それに比べて、渡部さんは直近で松本さん、そして有吉さんと連続でイジられ、『ワイドナショー』では相方からの近況報告までありました。もしかしたら早々の復帰までないにしても、渡部さんの新しいアクションがある前触れなのかもしれませんね」(前同)

 大物芸人との絡みの部分では大きな差が出ている“2大事件芸人”宮迫と渡部。テレビ界のトップを走っていた両者に今後、どんな動きがあるのか、注目が集まっている――。

関連リンク

  • 6/22 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます