Koki,のセクシーショットが増えまくっている!? 工藤静香の新たな戦略!

拡大画像を見る


 SMAPの元メンバー・木村拓哉と工藤静香夫婦の二女兼モデルのKoki,がホラー映画「牛首村」に主演してスクリーンデビューすることが判明した。本作は、大ヒットシリーズ『犬鳴村』『樹海村』に続く「恐怖の村」の第3弾にあたる。

 いきなりの大役抜擢にシネマ関係者は、「女優で実績がないのに突如として主役になった理由は、イメージ戦略を担っている工藤さんの猛烈なプッシュがあったからです。制作サイドも木村さん、工藤さんの七光りを利用でき、話題性があることからメリットがあると判断したようです」と解説する。

 一部報道によるところ、Koki,はインターナショナル教育を受けてきたため、日本語のイントネーションが不自然で女優向きではないという。台本をただただ読み上げるスタイルで、棒読みとなってしまうだろうと報じられている。

「工藤静香にとって、棒読みだろうが今後のために主演の実績をつくれればそれでいいという考えです。娘のイメージ戦略を担っていて、売り出し方を相当練っていますよ。キムタクを利用して娘を売り出すまで方法を指南していて、インスタグラムに家族ショットを公開して、ジャニーズサイドからは反感を買っています。家族仲をアピールして娘の露出増に懸命ですよ。長年のスーパーアイドルキムタクにもかかわらず、最近はファミリー臭が漂っていて、古参のキムタクファンが冷めてしまい離れていっています」(芸能関係者)

 ゴットマザーとなった工藤静香は娘の新たなる売り出し方まで考えている。

「工藤静香は娘をスーパーモデルにしたあとにハリウッド進出させようともくろんでいます。今回のスクリーンデビューもその一環です。スーパーモデルになるためにセクシーな路線で大人のイメージを植え付けようとしています。頻繁にSNSで娘のセクシーショットがアップされているのはそのためです」(前出の芸能関係者)

 親の力でスターになろうとしている「キムタク娘」に世間は何を思うのだろうか。

  • 6/21 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます