TOKIO城島、1日の終わりはBAR!妻と関ジャニ丸山の「浮気問い詰め修羅場」も…!!

拡大画像を見る

 TOKIOの城島茂(50)が、6月19日放送の『アッパレやってまーす!~土曜日です~』(MBSラジオ)で、仕事後のプライベートについて語った。

 この日の放送ではリスナーからの「仕事後のクールダウンをどのようにしていますか」というメッセージを紹介。

 これに城島は「ライブで“ワー!”ってやってクールダウンは、必ずバーでした。ライブじゃなくても仕事終わりは必ずバー。スイッチオフにするのがバーで飲むカクテル」「グラス“コンッ”って置いた瞬間にスイッチがオフになる」とコメント。

 さらに「そのバーは一見さんが来ないような、“こんなところにバーあるの?”ってところにあって。カウンターしかないところで、必ずそこ行って、1杯飲んでって。もう週刊誌もみんなそこ張ってるぐらい(笑)」と行きつけのバーの詳細についても語った。

 これに、さらば青春の光の森田哲矢(39)が「結構、芸能人が(来る)?」と反応すると、城島は「いやいや、僕しかいない(笑)。“城島はそこしか行かへん”ってバレてるぐらい、普通に平気でそこで張ってるぐらいだったんですよ。別に飲むぐらいね、っていう感じやったんですけど。っていうのが日課でしたね、独身時代ね」と説明。

 さらに森田の相方の東ブクロ(35)が「どれぐらいいてはるんですか? 1時間ぐらいですか?」と尋ねると、城島は「2時間ぐらいとか、1時間2時間? 結婚するとそんなことしてられないんで変わりましたけど、当時はそうでしたね」と、結婚後にバーに行くことはなくなったと語った。

■城島茂、菊池梨沙、丸山隆平の“三角関係疑惑”

「仕事後にバーでクールダウンというのは、さすがミュージシャン、芸能人といった感じでカッコいいですよね。ただ、バーといえば、城島が妻でタレントの菊池梨沙(26)と関ジャニ∞の丸山隆平(37)の浮気を疑い、問い詰めた現場もバーでしたよね」(女性誌記者)

 2019年9月、城島は24歳下の菊池との結婚を発表。2020年2月には第1子男児をもうけている。

 結婚発表後には城島の過去の女性関係なども報じられたが、2019年10月の『週刊文春』(文藝春秋)では、城島と菊池、そして丸山の三角関係疑惑を報じたのだ。

 記事によると、2017年11月末、城島は東京・広尾にある行きつけの「たこ焼きバー」に入店。同店は城島のお気に入りで、菊池とのデートにもよく利用していたが、その夜は菊池が友人女性とカウンターで飲んでおり、そこに城島が千鳥足で入ってきたという。

 城島は入店し、菊池を見つけるやいなや「どういうことや!」と怒鳴りつけ、「浮気したやろ」と繰り返したという。これに菊池は「あの時期は別れてたじゃん」と反論。その後、城島が突然電話で何者かを呼び出し、ほどなくして関ジャニの丸山が店に入ってきたという。

■「たこ焼きバー」ではOL風女性3人とも盛り上がり……

 前出の女性誌記者が続ける。

「城島は、菊池と丸山が浮気しているのではないかと疑い、バーで菊池を問い質していたそうです。約4年の交際期間中、2人はくっついたり別れたりを繰り返していたといいますが、菊池が丸山と親しくなったのもそういった時期だったのかもしれないですね。

 ただ、丸山は女性に接する際には“とことん話を聞いてくれるのに、押しが強くないから安心して遊べる”ような人物だといいます。女性スキャンダルが多い関ジャニにあって、丸山はこれまで目立ったスキャンダルを報じられていません。城島も丸山の性格を知っているからでしょう、数日後には仲直りしたといいます」

 2014年8月の『週刊文春』でも、城島が「たこ焼きバー」で20代のOL風の女性3人と酒盛りをしていたと報じている。

「結婚前は、バーでの酩酊ぶりがたびたび報じられた城島ですが、丸山を巻き込んだ修羅場などを経て、無事に菊池と結婚。今ではバー通いはしなくなったと話していますが、子どもが生まれて、“一刻も早く帰りたい”という気持ちが大きくなったのではないでしょうか」(前同)

 家庭を築き、「株式会社TOKIO」の社長にも就任した城島。私生活もずいぶん落ち着いたものに変わってきているようだ。

関連リンク

  • 6/22 6:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます