キラービューティ半弟キラーアビリティがルメール騎手でデビュー/関西馬メイクデビュー情報

拡大画像を見る

 今週の注目はなんといっても、6月27日(日)の阪神芝1800m。

 もう何年もこの新馬戦でデビューした馬は重賞戦線で活躍しているが、昨年の3回阪神8日目の芝1800mを勝ったのは、ホープフルSでGIを勝ったダノンザキッド。その2着は青葉賞を勝ったワンダフルタウン。そんな歴史を考えれば、今年も期待してしまう。

 ここで取り上げた出走予定馬以外にも、2019年セレクトセール当歳にて、1億8000万円で落札されたディープインパクト産駒、ダノンフォーナイン(牡、父ディープインパクト、母タミーザトルピード、栗東・音無秀孝厩舎)が川田将雅騎手で出走を予定。

 先週に引き続き、注目の一戦となるだろう。

【6月27日(日) 東京ダート1400m】

◆ターゲサンブルック(牡、父シニスターミニスター、母ポップチャート、栗東・奥村豊厩舎)

 おじにポップロック(父エリシオ)がいる血統となれば、芝長距離がイメージされるが、近年の活躍馬だと今年のアネモネSを制したアナザーリリック(父リオンディーズ)がいる母系でもある。

 本馬は4月8日にノーザンFしがらきから入厩して、ゲート試験合格後に放牧。「牧場でしっかりとリフレッシュできた上、ひと回り成長した姿で戻ってきてくれました」と奥村豊調教師。「手先が器用で初戦からきっちり動いてくれそうなタイプ」ということで、CWでの追い切りを中心に調教のピッチが上がっている。

 ジョッキーは石橋脩騎手が予定されている。

【6月26日(土) 阪神芝1400m】

◆ドンフランキー(牡、父ダイワメジャー、母ウィーミスフランキー、栗東・斉藤崇史厩舎)

 2019年セレクトセール当歳にて、6800万円で落札されたダイワメジャー産駒。POG取材の時点から「超がつく大型ですが、動きは素軽いんですよね」と斉藤崇史調教師の評価が高い。そして、入厩してからもその様子は変わりないようだ。

 6月16日のCWでは3頭併せでは先行したとはいえ、キラーアビリティに追い抜かれなかった渋太さは見どころあり。時計は6F83.8〜5F68.0〜4F53.3〜3F38.7〜1F11.8秒とラストは数字でまとめることができた。ただ、当時は雨の影響を多分に受けたウッドチップ。力のいる馬場というのは得意だろうから、レース当日の空模様も気になる。

 なお、鞍上は岩田望来騎手が予定されている。

【6月27日(日) 阪神芝1800m】

◆ローマンネイチャー(牡、父ディープインパクト、母キューティゴールド、栗東・高野友和厩舎)

 全姉は同厩舎で管理され、2015年ジャパンカップ、2014年秋華賞を制したショウナンパンドラがいる、POGでも注目度の大きな一頭。3月24日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩し、早々にゲート試験を合格すると、再びしがらきで調整して、デビューの準備を進めている。

 6月2日に栗東へ帰厩すると、週中、週末と坂路でしっかり時計が出されており、1週前追い切りはレースでも騎乗予定の松山弘平騎手が跨り、3歳未勝利を追走して先着。4F52.6秒が素晴らしい時計であることはもちろんだが、2F24.3秒の脚力が姉を彷彿させる。あとは実戦でどんな走りを見せてくれるか。

◆キラーアビリティ(牡、父ディープインパクト、母キラーグレイシス、栗東・斉藤崇史厩舎)

 ゼンノロブロイ産駒の半姉キラービューティは芝で3勝、ダートで1勝を挙げているが、本馬は「いかにもディープインパクト産駒らしい、柔らかいキャンターをします」と斉藤崇史調教師。

 3月にゲート試験のために栗東へ入厩し、その後は一旦放牧へ出て、という調整パターン。6月1日にノーザンFから栗東へ帰厩すると、6月3日には坂路で4F55.0秒を馬なりでマーク。

 6月16日のCWではドンフランキーに遅れたものの、これは1秒以上追走したことが影響しているだろう。むしろゴールを過ぎたところではこちらの方が手応え優勢だったし、時計も6F82.4〜5F67.1〜4F52.9〜3F38.7〜1F11.8秒なら十分な動き。

 なお、鞍上はC.ルメール騎手が予定されている。

(取材・文:井内利彰)

関連リンク

  • 6/21 18:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます