昼寝中に4歳娘からの置き手紙 たった4文字が父親に衝撃を与える

拡大画像を見る

子供からもらう手紙は、何が書いてあっても嬉しいもの。一生懸命書いてくれたことだけで、宝物になりますよね。

4歳と1歳の子供を育てている、いえもり(@iewori)さん。

ある日、疲れてソファで昼寝をしていると、4歳の娘さんは寝ている父に置き手紙をしていきました。

その内容に、多くの人がツッコミをせざるを得ないことに。なぜなら…。

おとうさん、いままでありがとう。

「いや、まだお父さん生きているから!」

きっと誰もが、心の中でそうツッコんでしまったことでしょう。

投稿には、「4文字の打撃はでかい」「結婚式で流すスライドショー」「別れの手紙になってる!」などのコメントが多く上がりました。

ちなみに、左下のイラストはメンダコとのこと。

その後、「特に催促したわけじゃないんだけど、改めてお手紙をもらいました」というコメントとともに投稿されたのがこちらです。

おとうさんいつもありがとう。

もしかしたら、昼寝中の手紙も「いつもありがとう」と書きたかったのかもしれませんね。

一生懸命に書いてくれた手紙は、たとえ本来の意味とは違うメッセージでも宝物になりそうです!

[文・構成/grape編集部]

出典 @iewori

関連リンク

  • 6/21 17:19
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます