HKT48の1期生・宮脇咲良が卒業コンサートを開催!卒業生の兒玉遥と指原莉乃もサプライズ登場!【画像16枚】

拡大画像を見る

 6月19日、マリンメッセ福岡A館にて、HKT48の1期生・宮脇咲良が卒業コンサートを開催した。本公演は、福岡県に発令された緊急事態宣言に伴う「収容人数50%」等のイベント開催要請や政府が定める感染症対策ガイドラインに従い、来場者は会場収容人数約10000名に対し半数以下の4000名(SOLDOUT)、入場時に検温・手指消毒、またフェイスシールド着用に協力をあおぎ、有観客にて開催した。

 1曲目は、HKT48の卒業ソング『桜、みんなで食べた』。全メンバーが一斉にステージに登場し、宮脇の卒業コンサートを幕開けから盛り上げます。オープニングの5曲を終えると宮脇は、「始まっちゃったー。この日が来て欲しいような、来て欲しくないような……」という複雑な気持ちを吐露しつつも、「最後まで駆け抜けたい。ありがとうの気持ちを伝えるコンサートにしたい」と意気込みを語った。

 ユニットパートでは、各チームや期ごとに分かれてのパフォーマンス。宮脇が、それぞれのメンバーへの想いを込めてセットリストに組み込んだ曲が続いていく。

 IZ*ONEとしてともに活動してきた矢吹奈子とは、『夢を見ている間』(IZ*ONE楽曲)を披露。同じく、元IZ*ONEメンバーのAKB48本田仁美からの「永遠の憧れの先輩です」とのVTRメッセージが届くと、これまで笑顔で通してきた宮脇の瞳が潤み、矢吹も涙した。

 親友・村重杏奈とは、『思い出のほとんど』。冒頭から声を詰まらせるなど感極まっている村重の手を取り、自分も涙を流しながらも、優しく微笑みかける宮脇の姿が見られた。

 ユニットパートラストは、同期の1期生との『夕陽を見ているか』。これまで数えきれないほどやってきた円陣を最後に力強く組む7名の姿に、会場からは大きな拍手がおくられた。

 宮脇のアイドル人生を彩ったソロ曲もラインナップ。『彼女』、『夢でKiss me!』と、いちアイドルとしての宮脇の魅力が際立つソロパフォーマンスに、会場を染めるさくら色のペンライトが一段と大きく揺れるコーナーとなった。

『スキ!スキ!スキップ!』『メロンジュース』などHKT48を代表する曲が続き、あっという間に迎えた終盤。声が出せないにも関わらず、会場がどよめいたような雰囲気に包まれた驚きの演出が待っていた。『大人列車』に兒玉遥、『12秒』に指原莉乃が、サプライズ出演し、宮脇の卒業をお祝いした。

 兒玉は「一緒の時間を過ごせて幸せです」と笑顔を見せ、指原は「咲良と(ステージに)立てるのは嬉しい」と涙ぐみ、それぞれ対照的な表情を見せていたが、久しぶりにパフォーマンスを披露した2人に、メンバーも「ヤバい!ヤバい!」と大興奮。その熱気が収まらないまま、全員で『最高かよ』を披露し、本編は終了となった。

「名前の“さくら”のように咲き誇れるアイドルになりたいです」という初々しい自己紹介で始まった宮脇のアイドル人生10年間を振り返る軌跡映像が流れ、いよいよアンコールへ。

 ドレス姿になって再登場した宮脇は、『あたながいてくれたから』を披露後、スタッフやメンバー、家族、そして応援しつつげてくれたファンの皆様への感謝の気持ちを、何度も何度も頭を下げながら切々と語った。

 クライマックスでは、卒業曲『思い出にするにはまだ早すぎる』、センターに抜擢されたAKB48シングル『君はメロディー』と思い入れの特に強い曲を名残惜しそうに披露。

 最後は、本日の公演1曲目でもあった『桜、みんなで食べた』で締めくくり、「10年間本当にありがとうございましたー!!」と力強く挨拶。大好きなメンバーたちに囲まれながら、約10年駆け抜けたアイドル人生に幕を閉じた。

<宮脇咲良コメント※アンコール明けの挨拶一部抜粋>

 13歳でHKT48に入った私が、10年が経ち、23歳になり、今日、HKT48を卒業します。2年半離れていて、戻ってきて、1ヶ月しか活動できなかったこと、私自身も本当に申し訳なく思っていますし、さみしく思っています。でも、2年半離れていたからこそ、時間が限られていたからこそ、この1カ月間はかけがえのない宝物のような時間でした。

 鹿児島から出てきた小さな女の子だった宮脇咲良も、今、こんなに大きな会場でたくさんの人の前で旅立って行くアイドルにしてくれたのは、ファンの皆さんです。私はこの10年間を思い返すと、順位をつけるもので1度も1位になったことはありません。でも、私はいつも応援してくれていたファンの皆さんの1位だったんじゃないかなと思います。ファンの皆さんが、こんな私を特別な1位にしてくれました。

 どんな私も受け止めてくれて、私の選んだ道をいつも応援してくれる皆さんがいるから、私はこの場所から一歩足を踏み出し、また違う夢へと旅立つことができます。ファンの皆さんと出会うためにアイドルをしてきたんだと思います。これからも、皆さんとずっとずっと側にいて、色んな夢を叶えて、色んな景色を見たいです。また会える日を楽しみにしています。

 10年間、本当にありがとうございました。

<終演後の感想コメント>

(卒業コンサートを終えての感想)

 始まる前はドキドキしていたんですけど、始まったら、あっという間に終わってしまって、本当に楽しいコンサートになりました。
達成感でいっぱいです。

(ステージに立った瞬間の感想)

 大きな会場にたくさんのファンの方が集まっていただいて感動しましたし、ファンの皆さんに力をもらっているなとあらためて感
じました。

(セットリストのこだわりについて)

 初期の曲から最近の曲、IZ*ONEの曲まで楽しんでいただいて、10年間の私の歴史を感じていただけるセットリストになったんじゃないかなと思います。

『彼女』は、私が初めていただいたソロ曲なので。10代で歌っていましたが、今でも夢の途中ですし、努力している途中ですし、『彼女』の歌詞には歌うたびに力をもらっています。

(10年間を振り返って)

 10年間は本当に長くて、色んな思い出がありますし、今、思い返すと全てがいい思い出です。もちろん、泣いたこともありましたし、辛いこともありましたけど、それすらも乗り越えたから今の私があるので、コンサートを終えて、本当にいい10年間だったなと思います。

(HKT48とは?)

「家族」ですかね。本当にこの10年間は家族よりも長い期間を過ごしていたと思いますし、大変なことも嬉しいこともみんなで乗り越えていけたんじゃないかなと思いますし、こんな大切な仲間にもう一生出会えないんじゃないかなと思うので。私は卒業してしまうけど、これからも離れていても家族のように連絡を取りあったりしたいですし、ずっと仲間でいたいと思っています。

(ファンの皆様へ)

 ファンのみなさん、今日という日を見届けてくれてありがとうございます!始まってからは本当にあっという間のコンサートで、本当に楽しくて、この時間が一生続けばいいなと思う瞬間もあったんですけど、HKT48でやってきた集大成をこのコンサートで見せられたんじゃないかな?と思います。10年間本当にたくさんの愛を、感動を、ありがとうございました。これからもずっとずっと側にて応援してくれたら嬉しいなと思います。改めて10年間ありがとうございました。

(C)Mercury

関連リンク

  • 6/21 14:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます