「ペヤング芸能界制覇」のラスボス!かまいたち山内が明かしていた超大物インフルエンサー

拡大画像を見る

 お笑いコンビのかまいたちが5月16日にYouTubeチャンネル『かまいたちチャンネル』にて、『【麺】かまいたち山内・濱家がインスタント麺BEST5を発表!』という動画を投稿。ここにまるか食品の『ペヤングソースやきそば』が登場し、反響を呼んだ。

「最近、まるか食品のインスタント食品『ペヤングソースやきそば』好きを明かす芸能人が増えています。4月23日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)』(TBS系)では北川景子(34)が夫のDAIGO(43)にオススメされたのがきっかけでハマったことを明かし、6月6日放送の『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)では佐藤健(31)が、極限までガマンしてペヤングを味わう『ガマンペヤング』を行っていますね」(女性誌記者)

 今回の動画では、山内健司(40)と濱家隆一(37)が交互に好きなインスタント麺を発表していったのだが、山内が第5位に挙げたのが、ペヤングソースやきそば。カップ焼きそばの代名詞と言える商品だが、意外にも「実は食べたのけっこう遅くて。ソース焼きそばはいろいろな会社のあるやんか」「いろんなの食べてたんですけど、ペヤング食べたことなくて」と山内は切り出し、意外な人物の影響で食べ始めたことを明かしたのだ。

■あの重鎮がペヤング好きだった

「山内は、ペヤングのきっかけが、ダウンタウン・松本人志(57)だったことを明かしたんです。濱家も、“松本さんのイメージあるな”“俺もそれからかも。食べ始めたの”と同意していました。松本は、芸能界でも有名なペヤング好きなんですよ」(前出の女性誌記者)

 松本は、15年にペヤングソースやきそばが異物混入事件で自主回収と生産中止になった際に『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、

「われわれがテレビで食べ物を使って何かをしたら『もったいない』とクレームが来るのに、ペヤングのそれに関しての『もったいない』は誰も言えへんのか」問題が起こったことについては「もちろんダメですよ」と指摘しながらも、「やられた人は怒るしクレームつけるんですけど、関係ないところまで拡散しすぎてるなぁ」

 と、嘆いていたほか、Twitterで《ペヤングはあと何分待ったら食べれんねん?》《ペヤングが再開するならオレも(ツイッター)再開するか》とボヤいたこともある。5月19日に5か月半ぶりに製造再開した際は、6月5日に『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にて、

「うわ~っ!前より進化してる」「湯切りしやすくなった!」「うわわわ~!懐かしい!ちょっと、懐かしくない?!」「ほんっとに懐かしいですね」と大はしゃぎ。「主よ」と、お祈りポーズまで披露していた。

■『遺書』は芸人のマストアイテム

「まあ、本当に松本がペヤングを心の底から大好きなのが伝わってきて、かまいたちが食べたくなるのも分かります。ちなみに、相方の浜田雅功(57)の誕生祝いに06年に『リンカーン』(TBS系)で巨大ペヤング作りをする企画がありましたが、11年の同番組で浜田は日清食品の『日清焼そばU.F.O』が好きであることを明かし、“ペヤングはあんまり”だそうです(笑)」(前出の女性誌記者)

 笑いのカリスマとして自他ともに認める松本が、芸人たちに与える影響は計り知れない。たとえば、松本が94年に上梓した『遺書』(朝日新聞社)は、もはやお笑い芸人なら誰もが読んでいるといっても過言ではないだろう。鬼越トマホークの坂井良多(35)に至っては、昨年8月27日のツイッターに、

《長野の田舎で生まれ、友達はおらず、一族も仲が悪く、夢も希望もないままプータローをしていた20歳の時にたまたま行ったブックオフで100円で本を買った。読み終えて作者に会いたいと思いこの世界に飛び込んだ。》

 と、『遺書』の写真を添えて投稿している。

■コンビの友情を取り持ったほか、20代の若手も読んでいる

「4月24日放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、若林正恭(42)が“発売日にね、春日(春日俊彰)と吉祥寺のブックセンター行って、1冊しかなかった”“俺に譲ってくれた”と明かし、“それを思い出すとね、色んなこと許せるんだよね”と話していました。後輩コンビの仲も取り持っていたとは、さすがの松本も知らなかったでしょうね」(専門誌記者)

 若手では東京ホテイソンのショーゴ(27)も、

「フリートークを見て“うわっ面白い!”って衝撃を受けて。それからDVDを借りに行って『遺書』も読んで“すごいな”って」 

 と、昨年11月11日に『bizSPA!フレッシュ』インタビューで明かしている。

「それほど影響力のある人物ですから、かまいたちに限らず、“松本さんが好きだし食べてみようかな”となった芸人は多いでしょう。あらためて、松本の影響力の大きさがわかります」(前同)

 意外なところで名前の挙がった松本人志。また、ペヤングの売り上げが増えそうだ……。

関連リンク

  • 6/21 11:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます