A.B.C‐Z・河合郁人、嵐・松本潤から「お前とは絶対メシ行かねぇ!」と“絶縁宣言”されたワケ

拡大画像を見る

 A.B.C.‐Zの河合郁人が6月14日放送の「Do8」(フジテレビ系)に出演し、嵐の松本潤から「メシNG」を宣告されたことをカミングアウトした。

 番組では、各出演者が秘蔵のエピソードを初出しする「ぶっちゃけ青春!カミングアウト学園」なる暴露コーナーが放送され、河合は松本から叱られてしまった出来事をぶっちゃけた。

 河合は「僕、ジャニーズモノマネをよくやらせていただいて、色んな番組にも出させていただいてるんですけど」と切り出し、モノマネターゲットの1人である松本から「お前とは絶対、メシ行かねぇ!」と言われてしまったことを告白。ただ、河合によれば、松本の怒りを買ったのはモノマネではなく、松本をイジるエピソードトークの披露だったという。

 河合は松本と焼肉に行った際の出来事として、「いつも肉を焼いてくれるんですよ、松本潤くんがみずから。焼いてくれるんですけど、(店内でも)真っ黒なサングラスをしながら焼くんで、肉が全部レアなんですよ」と松本の天然なエピソードを紹介。これまでも何度かこの話を面白おかしくバラエティ番組などで披露してきた河合だが、「これを話したら、(松本から)『お前とは絶対メシ行かねぇ!』って」と言われてしまったようだ。

 スタジオはこの「メシNG」エピソードにも爆笑が巻き起こったが、河合は「これだけは言わせてください。そのお肉はいいお肉なんで、レアでも全然食べられるんです」と付け足している。

「最終的にはまたも松本潤の名前を借りながら共演者と視聴者を沸かせた格好の河合。松潤からの絶縁宣言がガチなものかはさて置き、モノマネだけでなく、ジャニーズタレントのエピソードトークでも安定した話術を発揮しています。ただ、松本のファンの間では一部から不満の声が出ており、本人のいない場所でこうしたエピソードを話すことで、松本の心象が悪化してしまうことを懸念する反応も散見。ネットやSNSには『河合郁人まじでもう松本潤と関わらんといてくれ。今までの誇張したモノマネとか目をつむってきたけど、今回の飯行かねぇエピをそんな風に話されちゃ困るわ』『また潤くんの名前出してきた。面白おかしく話してるけど、先輩への尊敬とか親しみとか全く感じない! お願いだからもう松本潤の名前を利用しないで』『なんか潤くんが悪い印象じゃない? 絶対行かねぇとかメシ絶縁とか。ファンは知ってるけど、知らない人が聞いたら潤くんが、、、』などと松本のイメージダウンにつながる可能性があるとして苦言を呈するものが並んでいます。河合なりのテレビでの生き残り術ではありますが、先輩の心象を悪化させるようなやり方でのバラエティ出演は今後も角が立ちそうな気配がありますね」(テレビ誌ライター)

 河合はジャニーズタレントのモノマネやエピソードトークを披露する際は、毎度のように「リスペクトがありますから」などと前置きし、イジりではないことを強調している。しかし、松本潤を熱烈に愛する一部のファンには、そうした言葉もあまり響いてはいない様子だ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 6/21 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます