ヤクザと歌舞伎町 現役ヤクザが語る「不夜城」の現在│久田将義

「歌舞伎町は冷たくなった」と現役ヤクザ(撮影・編集部)

前回では、現役のヤクザA氏とB氏に登場して頂き、暴排条例などで打撃を食らったヤクザ業界になぜ入ったのか。そしてなぜ渡世でしのごうと思ったのかを聞きました。やはり我々とは違う、価値観を持っていると実感しました。ヤクザも当たり前ですが、人間です。1人の人間としての生の声を読者の皆さんへ、YouTubeでは視聴者の方へ届けようと思った次第です。
後編は「歌舞伎町の住人としてのヤクザ」に質問をしてみました。

【前回まで】現役のヤクザに訊く なぜこの時代にヤクザをやるのか!?|ニュースサイトTABLO 

―ー歌舞伎町の最近の状況はどうでしょう。

B氏「全く活気がない。何か十年前までは歩けないくらいいっぱい人がいた」

A氏「俺は街の状況とかそういうのではなく、昔は誰でも受け入れる第二の故郷的な街だった(と思う)。車一つ、身体一つで歌舞伎町に来て何か仕事ないですかって言うとそれを受け入れる土壌があったけど、今は昔と比べるとこう……冷たくなったような」

B氏「昔は、ヤクザやりたいって奴がよくいたんですよ」

―ーそうなんですか。

B氏「まあそういうのに限ってすぐ飛ぶ(註・逃げる)んですけどね(苦笑)」

A氏「街の人情ってやつが冷たくなったよね」

B氏「そうですね。冷たくなりましたよね」

―ー受け入れられなくなった?

A氏「受け入れる事は受け入れるんだけど」

―ー街の作り方も違ってきたからではないですかね。

B氏「都もうるさいですよ、歌舞伎町は」

―ーヤクザである限りは一攫千金のようなことも考えているのでしょうか。

A氏「まあ、一攫千金は(ヤクザを)やっていればあるんじゃない? ただ人に知らせてもらわなければ、そんな事はないけどね。だからやっばり人付き合いですね」

―ー堅気との付き合いをいかに大事にするのも出世のポイントとなる訳ですか。

B氏「それはそうですよ。やっぱりヤクザって言うと縛りがあるじゃないですか。堅気だとできる事もあるので、堅気と付き合いをしていたら何かしらお金のが生まれてくる」

―ーそれにしてもヤクザ人口が減ったと言われていますし、入ってくる人もいないのですか。

B氏「やっぱり少ないですよね、ぶっちゃけ」

―ーそうなると目立っているのが、半グレ(準暴力団)の方になってきている気がするんですが。

A氏「棲み分けだから。俺らにはそれは関係ないね。俺は親分の意志で動くだけだから。(例え)喧嘩になったって負ける気はしない、(なぜなら)喧嘩のやり方が違うから」

―ー他のヤクザにも聞いたのですが「組織の力は強い」と言っていました。暴走族のOBが主である準暴力団とは違う訳ですね。

A氏「子供じゃないから」

●政府に言いたい事「あまり俺らを締め付けるとバランスが取れなくなるとは言いたい」

―ー質問が全然変わって申し訳ないのですが、政府に対して言いたいこととかありますか?
B氏「ワクチンは早くして欲しいですよね(苦笑)」

A氏「国のお偉いさんがやっていることだから、俺らにはわかんねえけどさ。ただ……」

B氏「あんまりヤクザを締め付けると、日本がバランスが取れなくなるぞっていうのは言いたい」

―ー僕もそう思います。だから、訳の分からない犯罪なんかが増えてしまうんじゃないかなと。

B氏「そうですよ」

―ーAさんのようなカジュアルなファッション(白いデニムに白いスニーカー。インナーは白いTシャツにブルーのシャツ)の人って増えているのですか。

A氏「普通の人と会うんだから普通にしとかないと(笑)」

B氏「自分はもう、ジャージでいいかって。歌舞伎町だから(笑)。親分に怒られるな」

A氏「なるべく初対面の人と会う時は白っぽい服装にしている。白だと威圧感、ないでしょ」

―ーそのあたりは気を遣う場面ですね。

A氏「気、遣う。一番気、遣う」

B氏「ハハハ」

ヤラセでしかない? 現役ヤクザがあの「ぼったくりバー潜入動画」の真相を語る|ニュースサイト TABLO 

歌舞伎町の花道通り、一番街、靖国通りを歩きながらインタビューしていき、最後通りに入り、改めて「ヤクザとは何か」を聞いてみました。

―ー本日は長い時間。お付き合いいただき有難うございました。

B氏「いや、有難うございました」

A氏「有難うございました」(2人とも頭を下げる)

―ー今のこの状況で渡世を生きている方の声が聞けて良かったと思っています。最後にヤクザとして、これからどうやっていくかを伺っても良いでしょうか。例えば、いつか一家を構えるとか。

A氏「ヤクザとして兄貴(組長)と一緒にいたい。それだけ」

B氏「そうですね。それは同じです。オヤジと……。オヤジをどこまで上げるかですよね。それが自分の本分ですよね」

―ー出世なさいましたし。嬉しいですよね。

B氏「そうですね。今のポジションにそんな若さでいくっていうのは」

―ーヤクザとしての生き方をまっとうするというのが生きがいな訳ですね。

A氏「生きがいですね」

B氏「生きがいです。生きざま」

―ー本日はわざわざ、有難うございました。

普段聞く事のない、現役ヤクザの本音が少しでも皆さんに届いたら幸いです。ヤクザは前回に書いた通り、小説、映画、漫画の題材にされています。と言う事はやはり、我々一般人は自分たちとは違う世界の住人に興味があるからです。本サイトでは引き続き、声なき声を届けていこうと考えています。(文@久田将義)

関連リンク

  • 6/21 6:00
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます