門脇麦、熱愛報道より気になる“ナマ足”と「元カレ仲野太賀」の存在!

拡大画像を見る

 6月18日発売の『FRIDAY』(講談社)が、女優の門脇麦(28)と俳優の金子大地(24)の熱愛を報じている。

 記事によれば、2人は4月に上演された舞台『パンドラの鐘』での共演をきっかけに知り合い、年明けから交際を開始。5月末に品川駅から同じ電車に乗り込む様子や、門脇が頻繁に金子の自宅マンションを訪れ、お泊まりデートを楽しんでいることなどが伝えられている。

「お相手の金子は、2018年に一大ブームを巻き起こしたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大塚寧々(53)演じる年上女性にアプローチする若手社員“マロ”役で一躍その名を知られることに。来年放送のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも源頼家役で出演することが決定しており、本格ブレイク待ったなしです」(女性誌記者)

 門脇自身も、今年2月まで放送された長谷川博己(44)主演の大河『麒麟がくる』で、もう一人の主人公とも呼ぶべきヒロイン・駒を熱演。もとより映画の世界を中心に高い演技力が評価されてきたが、“大河女優”としてお茶の間の知名度も一気にアップした。

「門脇はもともとアイドル的な人気があるわけではないですし、若手実力派同士のほほえましい交際報道とあって、好意的な声が大半ですね。その一方で、意外な部分に注目が集まっています」(女性誌ライター)

 17日、本誌に先んじて「FRIDAYデジタル」でも同様の記事が配信されたのだが、掲載された写真の中の1枚が一部で話題を呼んでいるという。

■熱愛報道より気になる?門脇麦の“ナマ足”に熱視線

「レジ袋とトイレットペーパーを片手に金子の自宅マンションに向かう門脇の姿が激写されているのですが、≪足の筋肉がすごすぎでそっちに興味いく!≫≪スポーツ選手並み≫≪ふくらはぎがかっこよすぎてお相手の印象が全く残らない…≫と、ボトムスからのぞく“筋肉隆々のナマ足”がネット上で注目を浴びています。通称“ふくらはぎ”は正式には腓腹筋・ヒラメ筋といい、鍛えるのがなかなか難しい部位でもあります。女優の中でもひときわスリムな印象のある彼女の足にあんなに見事な筋肉がついているなんて、誰が想像できたでしょうか」(前出の女性誌ライター)

 また、≪え、麦ちゃん太賀と別れたん?≫≪私いまだに門脇麦ちゃんは仲野太賀さんと付き合ってるんだとばかり…≫≪私は太賀くんは麦ちゃんと結婚してほしかったんだよ≫と、お相手が仲野太賀(28)ではなかったことに驚く声も少なくない。

「門脇と仲野は2015年3月に熱愛が報じられました。ともに実力派同士、似た雰囲気を持つ2人のカップリングはファンからも好意的にみられていましたが、2019年12月に仲野が事務所の後輩女優・森川葵(26)との2ショットデート&お泊まり愛をスクープされたことで、門脇との破局が決定的になりました。

 芸歴の長い苦労人ならではの佇まいが女性を惹きつけるのか、仲野はプライベートでもモテモテ。昨年10月には忽那汐里(28)や夏帆(29)といったタイプの異なる美女たちと食事を楽しむ様子もフライデーされています。

 19日に最終回を迎えた『コントが始まる』(日本テレビ系)を初め、最近の仲野はまさに飛ぶ鳥を落とす勢い。今もっとも旬な俳優の一人なので、門脇とセットで元カレ・仲野の名前も取り沙汰されてしまうのでしょう」(女性誌記者)

 広いようで意外と狭い芸能人の交友関係。そのうち気まずい今カレ&元カレ共演もあり得る、かもしれない……!?

関連リンク

  • 6/20 13:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます