ヤクザと生活 なぜこの時代にヤクザになったのか 「ヤクザである自分が好きだからやっている」│久田将義

現役ヤクザが自分達の生き方について語った(撮影・編集部)

ヤクザは無くならない。そう感じています。なぜなら、人間が社会生活を営む上でいわゆるアウトサイダーという人は、必ずいるからです。名称が変わってきただけで、人類の中には必ずアウトサイダーが存在していました。その時代で呼び方が変わってきているだけです。

それが誕生する要因は環境なのか、生まれ持った性分なのか。歴史をたどってみれば分かるのですが、例えば戦国時代では彼らは傾奇者(かぶきもの)と言われました。小説にも漫画にもなった前田慶次(『花の慶次』)が有名です。江戸時代に入り、町奴(まちやっこ。旗本奴に対抗する町の人間たち)が登場しました。ヤクザの始祖と言われています。江戸末期から明治にかけてその流れは、ヤクザという呼び方になりました。そして、現在に到る訳です。

また我々、一般人はアウトローに対して奇妙な魅力を感じています。ですから、彼らは映画、小説、漫画の題材になり、多くの作品が生み出されました。

が、暴力団対策法とそして、暴力団排除条例が施行されました。それによって、ヤクザの生活権を実質奪われた形になりヤクザ人口が減少。しかし、上記の歴史が証明している通りヤクザは無くならないでしょう。ヤクザ(アウトサイダー)がいない社会とは、北朝鮮などのような国くらいではないでしょうか。
ここでは2人の現役ヤクザ(A氏、B氏)に登場してもらい、なぜこの生きにくい時代にヤクザをやっているのかをインタビューしてみました。

―ー渡世に入ったのはどれくらい前ですか。

B氏「27歳くらいですね。出身は関西地方です。大阪で兄貴と仕事をしていて大阪に飽きたから、東京で一発、花、咲かそうかなと思って東京に出てきました。その時はヤクザするとかそういう気持ちはなかったんですけど、歌舞伎町に出てきて、(今の)親分の若い衆と揉めたんです。それでオヤジ(親分)が出てきて、話して『ああ、この男(親分)は何か違う。今まで出会った男と何か違う』と。それでオヤジから盃を貰ってヤクザしています」

―ーAさんとBさんの関係は兄弟分になるんですか?

B氏「いや、違いますね。筋から言ったら兄貴筋になるんですが兄貴は親分の舎弟なんで。自分は親分の子なんで(註・つまり『叔父貴』にあたる)」

―ー少年時代は暴走族とかに入っていたんですか?

B氏「暴走族、やっていましたね。中一くらいからです」

―ーAさんはどんな少年だったのでしょう。

A氏「俺は一般の家庭でしたね。まあ、ちゃんとした家でした」

―ーエリート家庭ですか。

A氏「エリートって言うのかな……。ガキの頃から素行が良くなかったんで(苦笑)」

―ーやっぱり暴走族に入っていたのですか。

A氏「いや暴走族はやったことないです。強制的に中学高校と自由のないところにいたんで」

―ーコロナは皆さんの業界でも影響はありますか。

A氏「俺のところは普通の会社だから。影響っていうほどの影響はないけれど」

―ー正業も持たれている?

A氏「正業を持っていないとね。うちの親分が詐欺とか薬を嫌う人なんで」

確かにこちらの組の親分は面識がありますが、堅気の僕にもフラットに接する非常にビッとした人でした。その影響・教えは舎弟、子分にも通じているのだなとも感じていました。

現役のヤクザに訊く なぜこの時代にヤクザをやるのか!?|ニュースサイトTABLO 

―ー僕が取材したところではそういうシノギをしている所もあります。

A氏「他組織の事は俺は言わない(即答)。俺のところの親分が嫌いだって言うからそれに従っているだけ。俺自身、一日生きる金と、今日ヤクザが出来る銭さえあればそれ以上求めないから。それ以上求めると人様に迷惑をかける事になる。自分の信念を貫けるだけの心と銭があるだけで充分。多くは求めない。ヤクザが好きだからね、俺は。ヤクザである自分が」

―ーBさんはどうでしょう。

B氏「自分は親分が好きなんでオヤジといれたらいいかな、と。生活はやっぱりできないと駄目ですけど。ヤクザやっていたら見栄張る事もあるし、付き合いもあるから多少の金は必要ですけど親分が好きなんで親分といれたらいいなというのが、これからも続けるように努力して」

―ーまさに盃を交わすと言う事ですね。

B氏「そうですね。心でつながっています」

A氏「今の若い子たちは俺らをカッコいいと思って見ていない人が多いよね。職業で見ちゃっているから。俺らは生き方だから。それが続かないんだね」

―ー生き方って皆さんは良く仰いますよね。

A氏「それはそうでしょう。給料が出る訳でもないし。大変だけどそれを我慢して『この人の為に』ってできるから。ヤクザを好きでなければ出来ないよ。時間取られて稼げないとか、こんな事やって貧乏だと思っていたら一生ヤクザなんて続かない」

現在、ヤクザ人口が減っているがそこはどう考えているのでしょうか。

B氏「メシ、食えないですよ」

―ー暴排条例の施行が大きいですよね。

B氏「そうです。お金貸していてですよ。金利とか無しに普通に。お金貸して下さいって言われて、返して下さいって、それだけでパクられちゃうんですから。銀行口座も作れないし家も借りられないですし、車もダメですね」

ヤラセでしかない? 現役ヤクザがあの「ぼったくりバー潜入動画」の真相を語る|ニュースサイト TABLO 

このまま彼らを意味もなく追い詰めると、前記したアウトローのピラミッドがおかしくなり、裏社会の秩序が崩れ、結果一般の我々の社会にも影響が出るような危惧を抱いています。続いて、歌舞伎町について尋ねてみる事にしました。後半に続きます。(文@久田将義)

関連リンク

  • 6/20 7:35
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • いち(

    6/20 21:30

    ヤクザ=役立たず だからわざわざ極道て言う奴もいるしね。外道もええとだわ。

  • トリトン

    6/20 20:08

    でもヤクザが良いなんてバカで履き違えしてるアホなんだよね。

  • 挫厄…→_→

記事の無断転載を禁じます