小栗旬、「英語力爆死」!『ゴジラvsコング』は無念の大幅カット“無惨結末”!!

拡大画像を見る

 小栗旬(38)のハリウッドデビュー作となる映画『ゴジラvsコング』の公開が7月2日に迫っている。

「小栗は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙(61)が演じた芹沢猪四郎博士の息子という、重要な役柄を演じます。映画の予告映像でも小栗の姿が2度も登場するなど、存在感を示しています。ハリウッドデビュー作で小栗がどのような立ち回りを見せるのか楽しみですよね」(芸能記者)

 大きな期待の声が集まる日本を代表する俳優・小栗旬のハリウッドデビュー作。だが、芸能プロ関係者はこう話すのだ。

「予告編などでは、小栗さんが全編にわたってストーリーに関わってくるかのような印象を受けますが、実際のところそんなことはないんですよ。あれはあくまでも“日本向け”の予告映像で、小栗さんはセリフもほとんどないまま“感電死”するという、かなりのチョイ役になってしまっているといいます。

 というのも、本来はもっと多くの場面に出演するはずだったそうですが、彼の英語力が問題となっていしまい、多くのシーンがカットされたり、出演シーンを減らされることになったようです」

 小栗は本格的にハリウッドに進出するため、2019年に妻でタレントの山田優(36)と2人の子どもとともにアメリカ・LAに移住。コロナ禍で現在は日本での活動がメインになっているものの、ハリウッド進出は彼にとっても悲願だった。

「気合いを入れて渡米したわけですが、英語力が壁となり、デビュー作はさんざんな結果になってしまったと聞こえてきていますね」(前同)

■英語に関して「すべて苦労した」と語った小栗

 2019年9月の『女性セブン』(小学館)では、小栗には以前からハリウッドのオファーがあったものの、事務所が「中途半端な英語力での海外進出は失敗する」と判断し、躊躇していたと報じている。しかし、小栗は忙しいスケジュールの合間を縫って英会話レッスンを受け、英語力を向上させていったという。

 また、2018年8月には事務所のバックアップのもと、アメリカに語学留学している。家庭内でも英語で会話をするなど努力を重ねてきたというが、2020年10月の『さんまのまんま』(フジテレビ系)に出演した小栗は「現場に行ったらやっぱ全然勉強してなかったんで、ものすごい苦労したんですよ」と話している。

 これにMCの明石家さんま(65)が「発音?」と聞くと、小栗は「全部です。もう英語に関してすべて。ものすごく苦労して“俺は一体何をしにここに来たんだろう?”みたいな感じになった」と明かしていた。

「小栗さんがこう語ったのは、『ゴジラvsコング』の現場で、自分の英語力を痛感したからなのかもしれません。ここ最近は日本人俳優の海外進出も盛んになってきていますが、あの山下智久さん(36)ですら、英語力がまだ伴っていないと言われていますからね」(前出の芸能プロ関係者)

■山Pの英語力も「ネイティブには程遠い」

 山下は2020年6月に30以上の国や地域で放送・配信された海外ドラマ『THE HEAD』にメインキャストの1人として出演。2022年1月公開予定のハリウッド映画『Man From Toronto』にも出演することが明らかになっている。

 しかし、そんな山下の英語力にも厳しい声があるようだ。2020年12月の『女性自身』(光文社)によると、『THE HEAD』での山下の英語は、現地ではネイティブには程遠いとの評価だったという。

「山下さんは長らく英語を学び、通訳を介さなくても日常会話にはなんら支障がないといいますが、そんな山下さんですら英語での演技はそうとうハードルが高いのかもしれません。一方、中国や韓国出身の俳優はどんどん欧米にも進出していっています。

 Netflixなどをはじめとする動画配信サービスでは、韓国や中国の映像作品も人気が高い。彼らは早くから世界を意識してやっていきている。日本の作品もNetflixなどを介して海外で人気が出てきていますが、日本国内だけでもそれなりの市場でしたから、それだけで業界が成り立ってしまっていた部分もある。

 そう考えると、これまでの日本のエンタメ業界の閉鎖性にも問題があったと言えるかもしれません。ただ、小栗さんは日本のエンタメを引っ張っていく俳優です。さらに英語を上達させ、海外でも日本出身俳優の存在感を示してほしいですね」(前出の芸能プロ関係者)

 ハリウッドデビュー作『ゴジラvsコング』は、小栗にとって後悔の残る作品になってしまったのだろうか――?

関連リンク

  • 6/20 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます