三軒茶屋周辺のつけ麺店ご紹介!こだわりの詰まった1杯を食べよう

拡大画像を見る

三軒茶屋が実はつけ麺の激戦区であることはご存知でしたか?おしゃれなお店から下町の飲み屋街まで様々な顔を併せ持つ三軒茶屋ですが、今回は絶品つけ麺5選をご紹介♪駒沢大学駅までの範囲にある絶品・おすすめのお店に足を運んでみてくださいね♡


三軒茶屋駅近くにあるこだわりのつけ麺屋さん♪「藤しろ 三軒茶屋店」


tabelog.com


まず最初にご紹介するのは、三軒茶屋駅より徒歩約1分の「藤しろ 三軒茶屋店」。

無化学調味料、コラーゲンたっぷりのスープは身体に優しく、小麦の香りも楽しめるこだわりの麺との相性は抜群♡(※“食べログ”参照)
ランチタイムにも、〆の1杯にもおすすめしたいお店です。


濃厚なスープと太麺の相性は◎


tabelog.com


こちらの「芳醇鶏白湯 味玉つけ麺」¥870(税込)は、ストレート太麺で無化学調味料のつけ麺♪
スープは丸鶏と仔牛の骨スジ肉、牛バラをローストしたものなどで香ばしさを加えています。
この濃厚なスープが太麺によく絡み、箸が止まりません♡


<スポット情報>
藤しろ 三軒茶屋店
住所: 東京都世田谷区三軒茶屋 1-37-1
電話: 03-3410-5580


三軒茶屋でつけ麺の王道♡深夜にも行ける「AFURI 三軒茶屋」



次にご紹介するのは三軒茶屋駅より徒歩約2分にある「AFURI 三軒茶屋」。
都内を中心に展開する高級志向なラーメン屋さんです!
つけ麺は3種類あり、スタンダードな「甘露(あまつゆ)」、「甘露」に柚子が加わった「柚子露(ゆずつゆ)」、唐辛子パウダーがかかった「辛露(からつゆ)」の3つからなります。

筆者がオススメするのは「柚子露」。
柚子露はかなりさっぱりしていて、とりわけ夏の暑くて食欲がないときにもおすすめの味☆


箸が止まらない♪チャーシューのサイドメニュー


tabelog.com


そして「AFURI」にきたらぜひ頼んで欲しいサイドメニューが、「炙りコロチャーシュー飯」。
こちらは炙りチャーシューに柚子風味の大根おろしを添えた1品。
サイコロ状にカットされたチャーシューは、大根おろしですっきり食べられるので、ついつい箸が進むサイドメニューです♡

11:00~翌4:00の長い営業時間且つ、日曜も営業しているので、ランチから深夜ラーメンまでいつでも楽しめますよ!


<スポット情報>
AFURI 三軒茶屋
住所: 東京都世田谷区三軒茶屋2-12-11
電話: 03-3414-3800


三軒茶屋で濃厚スープが絶品なつけ麺♪「野郎ラーメン 三軒茶屋店」




次にご紹介するのは、三軒茶屋駅より徒歩約3分の「野郎ラーメン 三軒茶屋店」。
「野郎ラーメン」といえば「豚骨野郎」というラーメンが看板商品なんですが、絶品つけ麺もあるんです!
店内は全てカウンター席となっています。

筆者は昼時が過ぎた15時過ぎに訪れたので、とても空いており快適でした!


煮干しの効いた濃厚スープ


tabelog.com


筆者がおすすめしたいのは「煮干つけ麺」¥880(税込)。

濃厚なスープですが、しっかり煮干しの風味がします◎
このスープに合わせる麺はスープに負けないコシの強さがある極太麺で食べ応え十分!
11:00~2:00まで営業しているので、深夜に濃厚なつけ麺を食べたくなった時にもおすすめです♪


<スポット情報>
野郎ラーメン 三軒茶屋店
住所: 東京都世田谷区太子堂4-24-16 伊勢屋ビル 1F
電話: 03-3411-2286


三軒茶屋にある女性にも人気なつけ麺♡丁寧に作られたスープが絶品「つけ麺 竹川」


※画像はイメージです
pixta.jp

※画像はイメージです


次にご紹介するのは三軒茶屋駅北口から徒歩約5分「つけ麺 竹川」。

特注麺、鶏100%のスープ、化学調味料不使用で天然の素材のみで作られたつけ麺はとにかく絶品。(※“ぐるなび”参照)
優しい味わいの醤油ダレは女性にも大人気です♪
妥協なく編み出された極上のつけ麺を是非とも味わってみてくださいね!


<スポット情報>
つけ麺 竹川 (ツケメン タケカワ)
住所: 東京都世田谷区太子堂2-1-1 ヴァンヴェール世田谷 102
電話:


三軒茶屋に来たらこだわりの詰まったつけ麺を食べよう♪


pixta.jp


いかがでしたか?
三軒茶屋を中心に駒沢大学エリアまでのおすすめつけ麺をご紹介しました。
つけ麺であればスープを飲み干す事が出来て、最後まで美味しくいただくことができますよ◎
どのお店も麺、スープにこだわり抜いた名店ばかりなので、三軒茶屋に来た際にはぜひつけ麺を食べてくださいね!

関連リンク

  • 6/20 3:43
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます