「未来の松本人志」が告発!「吉本芸人の壮絶パワハラ」に“犯人探し”が過熱中

拡大画像を見る

 2014年8月に解散したお笑いコンビ「りあるキッズ」でボケを担当していた安田善紀。1996年、TBS系「輝く日本の星!」のコーナー「次代のダウンタウンを創る」に11歳で出演した安田は見事「未来の松本人志」に選出。同じく「未来の浜田雅功」に選ばれた長田融季とともに、同番組をきっかけにコンビを結成した。2003年の「M-1グランプリ」で決勝に進出するなど活躍したものの、長田の借金問題でコンビは解散。現在はピンで活動している。

 そんな安田を巡り、ここにきて話題となっているのがインタビューに応じたある動画だ。6月17日、安田はYouTubeチャンネル「街録ch-あなたの人生、教えてください-」に出演。コンビ解散の背景だけでなく、過去に自身が吉本の先輩芸人から受けていたパワハラ被害についても包み隠さず明かしたのだ。

 過去に、その芸人がオーナーを務める店でアルバイトをしていたという安田。日常的に「暴力を振るわれていた」「無給で残業させられていた」と壮絶な被害を明かした。

 この告白について「業界内でも『安田に暴力を振るっていたのは誰だ』と大きな関心を集めているんですよ」と語るのはお笑い関係者。続けてこう話す。

「安田いわく『その先輩芸人はまだ吉本に在籍している』とのこと、動画に散りばめられたヒントとあわせ犯人探しが過熱しています」

 ヒントのひとつが「先輩芸人Sの暴力と強制労働」として動画タイトルに記されたイニシャル。動画内では「関西の賞レースで結果を残したベテラン芸人」とテロップが表示されている。これらに該当する「店を経営している吉本芸人」とは誰なのか─。

「以前、安田はベテランコンビ『シンクタンク』のタンクが経営する焼肉店でバイトをしていたため『シンクタンクのタンクではないか』との憶測も飛び交ったのですが、よく考えたらシンクタンクの頭文字はSではなくT。まだ『先輩芸人S』の正体は不明です」(前出・お笑い関係者)

「未来の松本人志」による衝撃告白にお笑い界が揺れている。

(川瀬大輔)

関連リンク

  • 6/19 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます