横浜流星、関ジャニ∞丸山隆平から「着飾る恋」撮影で悩み相談「顔がちょっと曇ってた」

【モデルプレス=2021/06/19】関ジャニ∞の丸山隆平と俳優の横浜流星が19日、2人が出演するTBS系ドラマ「着飾る恋には理由があって」(毎週火曜よる10時~)が22日に最終話を迎えるにあたってコラボインスタライブを実施。撮影時のエピソードを明かした。

◆丸山隆平、横浜流星に助けられたこと告白

撮影を振り返っていると、丸山が「あんまここでは言えへんけど」と切り出し「3話・4話の時電話で泣き言っていうか悩み相談したよな?」と横浜に電話し悩みを打ち明けたことを告白。その相談の内容と、劇中での丸山演じる陽人と横浜演じる駿の関係性が重なっていたといい、丸山は「現実の関係性と少なからずともリンクしてたのが不思議で」と明かしつつ感謝した。

それを受け横浜は「いやいやいや」と謙遜しつつも「でもあの時丸ちゃんの顔がちょっと曇ってたから。それは感じたから連絡した」と当時の丸山の悩みを察していたと告白。「優しいよなあ」と丸山は感心した様子を見せ「ほんまにいい役者さんやなと思って、だから今後も観るね!」と横浜に宣言した。

◆横浜流星、丸山隆平は「人がよすぎる」

最終回の話になると、15日に放送された9話にて陽人が羽瀬(中村アン)に突然プロポーズを行ったことについての話題に。

横浜は「本当に陽ちゃんは、丸ちゃんもだけど、人がよすぎる。相手のことすごく優先する人だから自分のことになると鈍くなる(笑)」と絶賛。丸山は「役のことはいいけど自分のことはやめてくれ!(笑)」と照れた様子を見せた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/19 17:03
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます