批判を浴びるモラタ 強靭なメンタリティを見せる「最も重要なことは...」

拡大画像を見る

スペイン代表のストライカー、アルバロ・モラタが19日21時(日本時間20日4時)からラ・カルトゥーハで行われるポーランドとの決戦に向けて語った。同じスタジアムで行われたスウェーデン戦では指笛が浴びせられ、厳しい批判を受けているユヴェントスの選手だが、彼の特徴である冷静さと自信を持ってメディアに対応した。

モラタはルイス・エンリケの全面的なサポートを受けており、監督が話すたびに彼を擁護してきた。彼自身も批判はサッカーにはつきものであることを十分に理解しており、ポーランド戦では逆風に立ち向かい、すべてを捧げる覚悟だ。

スウェーデン戦以降で最も重要なことは何かと聞かれたモラタは、冗談交じりにこう答え、報道陣の笑いを誘った。
「最も重要なことは、購入予定の家の資料を見ること、チームメイトと一緒にいること、プレイステーションをプレイすること...」

苦境にもかかわらずジョークを言えるこの男には一流のメンタリティが備わっているようだ。

関連リンク

  • 6/19 8:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます