堀江貴文さん「ワクチン接種に行ってきました」 ワクチン接種の動画を投稿しTwitterでも報告

拡大画像を見る

65歳以上の方を中心に新型コロナウイルスワクチンの接種が進む中、6月17日より大規模接種センターでは18歳から64歳までの方も対象に接種が始まっている。

そんな中、6月18日のお昼すぎ、実業家のホリエモンこと堀江貴文さんが「ワクチン接種に行ってきました」という動画を投稿。Twitterでも報告を行った。


ワクチン接種に行ってきました
https://www.youtube.com/watch?v=RFLNe9MD6m8[リンク]

空きがあったということで、ファイザー製のワクチンを打った堀江さん。ワクチンについて説明を行い、実際にワクチンを接種する場面や、打った後に15分間安静にする場面なども投稿していた。

ツイートに対し、他のユーザーから
「能書きは垂れるけどしっかり打ってんじゃん草」
という返信が寄せられ、堀江さんは

はい。一貫してワクチン接種を訴えてきましたので打つのは当然だと思いますが。。

と回答。また、
「ホリエモンがコロナワクチン打ったニュースで『コロナ怖くないなら打つな』的なコメントが多いけど しっかり対応してるから怖くないんやと思うし 嫌いな人の動向をチェックしてコメントまで書く時間ってそんなに価値があるんやっけ?笑」
という返信には

同じく自身はインフルエンザも怖くないけど毎年の打ってます。高熱出てだるいのと、年寄りとか子供に感染させると死に至ることもあるからね。

とのコメントを行う。その他、寄せられた返信にいくつかコメントするなどしていたようである。

※画像は『Twitter』より

関連リンク

  • 6/19 8:45
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ヤン中佐

    6/19 23:59

    わざわざSNSで報告するようなことかよ。

  • エッコ

    6/19 23:22

    承認欲求モンスター

  • フランシン

    6/19 15:12

    従来ワクチンと同じと印象づけるのやめて。人間に実用されるのは初のmRNAワクチン。DNA書き換え。動物実験スキップしてる。モデルナ社は市場に出すのは初のワクチンだし、赤字で借金からの破産をゲイツに救われてる。また『ファイザー社の新型コロナワクチンに95パーセントの予防効果』とマスコミ発表が世界を駆けめぐった日、同社のCEOが自社株を売却し5億9000万円の利益を得たと報じられてる。

記事の無断転載を禁じます