木村拓哉も加担!?Koki,主演映画は「ハチの巣」!工藤静香の大爆死プロデュース!!

拡大画像を見る

 元SMAPの木村拓哉(48)と歌手の工藤静香(51)の次女でモデルのKoki,(18)が主演映画『牛首村』で女優デビューを果たすことが、6月16日に発表された。

 Koki,の主演作は『犬鳴村』と『樹海村』を立て続けにヒットさせた清水崇監督が手掛けるさらなる続編となる『牛首村』で、今月中にもクランクイン予定だという。

 6月15日付の『文春オンライン』が公式発表に先駆けてスクープとして、「キムタク&静香の次女・Koki,いきなり主演で映画デビュー」と題して第一報を伝えると、ネットには批判的な声が殺到。

「こういうのって逆に娘のためにならないのが分からないのかな? 特に今の時代は通用しないどころか嫌悪感さえ持たれるのに」「親のネームバリューとコネがあるから安泰でしょうが、必死で頑張ってプロを目指している方に失礼」「演技の勉強はおろかオーディションも受けたことないだろうし オファーされたとしてもこれを引き受けるのは厚顔無恥だよね」と、Koki,や彼女のプロデューサー的立場にある母親の工藤にも厳しい声が寄せられている。

 6月17日発売の『週刊文春』では、Koki,が女優デビュー作としてホラーを選んだのも工藤の戦略だと伝えている。

「幼少期からインターナショナルスクールに通い、英語やフランス語などを学ぶKoki,と工藤は当初、ハリウッドデビューを目標に定めていたものの、実績のないKoki,にいきなり海外からオファーが舞い込むわけもない。さらにコロナ禍で海外渡航も制限されてますからね。

 そこで『THE JUON/呪怨』をアメリカでヒットさせた実績のある清水監督の作品での女優デビューとなったようです。ジャパニーズホラーは海外でも人気がありますから、工藤は娘の主演デビュー作が海外でリメイクされる可能性も視野に入れているといいます」(芸能記者)

■Koki,のいきなりの映画主演で工藤にも猛批判

 前出の芸能記者が続ける。

「今回のKoki,のいきなりの映画主演デビューについては非難の声が殺到しており、Koki,と工藤は針のムシロ状態。工藤のプロデュースが裏目に出てしまう可能性もあります。また、長女のCocomiの(20)声優デビュー作品もあまり好調とは言えないようです」

 明石家さんま(65)が、直木賞作家の西加奈子氏(44)の小説に惚れ込んで企画・プロデュースを手掛けた劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が6月11日に公開された。

 同作は、漁港の船に住むワケあり母娘、肉子ちゃんとキクコの日常を描く感動のハートフルコメディで、肉子ちゃんの声を大竹しのぶ(63)が、そしてキクコの声をCocomiが担当。

「Cocomiは幼い頃からアニメ好きで、中学3年から1年ほど声優学校にも通ったほど。今回の『肉子ちゃん』が彼女にとっての声優デビュー作となりましたが、このキャスティングも両親の人脈によるものですよね。

 さんまのことを木村は“おじき”、工藤も“親戚のおじちゃん”と呼び、公私ともに親交が深い。3月30日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、Cocomiが同作に抜擢されたのは、工藤とさんまが中心になって話を進めたからだと報じていますからね」(前同)

■Cocomi声優映画はガンダムに“8倍負け”……

 6月11日付の『マイナビニュース』のインタビューで、さんまはCocomiをキクコ役に推薦した理由として、「Cocomiちゃんが15歳のときに声優の学校に通っていて、その時に(僕は)『漁港の肉子ちゃん』と出会い、ひょっとしたらアニメで、というのがよぎり、“Cocoちゃん、声優の学校に行ってるんやったら、今度俺アニメ作るから、主役ね”と冗談で言っていたんです」と語っている。

 さらに声優としての実力については「Cocomiちゃんいけるかなと心配していたんですけど、やればやるほどすごかったので驚いてます」と太鼓判を押した。

「『肉子ちゃん』の試写には木村やKoki,も駆けつけ、工藤に至っては涙を流して喜んだと『週刊文春』では伝えています。ただ、さんまはCocomiの実力を絶賛していますが、彼女が純粋な実力だけで役をゲットできたかと言えば、そうではないのは明白。ど真ん中の“親の七光り”なわけで、映画を観ようという一般の人に、今回Cocomiが声優を務めていることは、マイナスになってもプラスにはならないでしょう。“Cocomiが声優を務めているから『漁港の肉子ちゃん』を見に行こう!”という人は少数でしょうからね。

 また、Koki,とCocomiの仕事は工藤が管理しているといいますが、木村も娘たちの仕事の動向は気になっているようですね。木村も『肉子ちゃん』のトカゲ役を“やりたい”とさんまに直談判したといいますからね」(夕刊紙デスク)

 木村も大いに気かけているだろう、長女・Cocomiの声優デビュー作『肉子ちゃん』だが、興収は振るっていないという。

『漁港の肉子ちゃん』が公開された6月11日には、他にもアニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』や、菅田将暉(28)やSEKAI NO OWARIのFukase(35)などが出演する『キャラクター』といった話題作も公開された。

「公開から3日間で『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の動員約が25万人、興収5億2000万円。『キャラクター』が動員約18万人、興収2億5000万円です。一方、『肉子ちゃん』の動員は約4万人、興収6500万円ですからね。『閃光のハサウェイ』の興収が『漁港の肉子ちゃん』の8倍も上回っているんです。

 たしかにガンダムは超鉄板コンテンツです。ただ、さんまプロデュースで大竹しのぶをはじめ、声優陣も超豪華な『肉子ちゃん』がこれほど差をつけられてしまうというのは、Cocomiのプロデュースを手掛ける工藤にとっても誤算だったかもしれません」(前同)

 母・工藤のプロデュースによって、有名ファッショ誌で華々しいデビューを果たし、高級ブランドのアンバサダーを務めたKoki,とCocomi姉妹だが、演技の世界での成功は難しい!?

関連リンク

  • 6/19 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます