元俳優・遠藤要、徳島での「大学生ボコボコ逮捕」は“全国逃亡”の途中だった!

拡大画像を見る

 6月15日、元俳優の遠藤要(37)が傷害容疑で逮捕されていたことが明らかになった。

 遠藤は2007年公開の映画『クローズZERO』で不良高校生役を演じて注目を集め、NHK連続テレビ小説『てっぱん』や映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』などに出演。バイプレーヤーとしてドラマや映画に引っ張りだこの俳優として活躍していた。

 そんな遠藤だが、徳島市内のビルの通路で無抵抗の20代のアルバイト男子大学生に暴行を加え、全治1週間のケガを負わせたとして6月15日、傷害の疑いで徳島中央署に逮捕されたのだ。被害に遭った男子大学生は、遠藤が徳島市内で経営するバーの元アルバイト店員だった。

 遠藤といえば、2017年2月の『FRIDAY』(講談社)に“闇カジノ”でバカラに興じている姿を撮られ、当時所属していた事務所から謹慎処分に。翌2018年3月に契約を解除されている。

 その直後の2018年4月には東京・六本木の飲食店で提示された料金に納得がいかず、アルバイト従業員として勤務していた俳優・谷川功(38)に暴力を振るい、被害届を提出されていたとスポーツニッポンが報じた。

「立て続けにトラブルを起こし、芸能界から離れていた遠藤ですが、2019年5月の『実話ナックルズ』(大洋図書)が、数千万円にも上る大金を横領したという“俳優E”が、その制裁としてボコボコに殴られ、命の危機にあると報じたんです。当時、関係者の間ではこのEというのが“遠藤のことではないか”とささやかれました」(実話誌ライター)

■全国逃亡の末、行き着いた徳島でバー経営……

『ナックルズ』にはボカされてはいるものの、赤黒く腫れ上がった、Eの痛々しい顔面写真も掲載されている。

「事務所から契約解除された遠藤は、仮想通貨の広告塔となり、自身の知名度を利用して出資者を募るビジネスをしていたと見られています。遠藤は暴走族出身で強面ではありますが、可愛い後輩キャラでもあり、上の人間の懐に入るのが非常に上手かったようです。“やんちゃだけど明るくていいヤツ”という感じでしょうか。

 そんなキャラで、さらに『クローズZERO』や『踊る大捜査線』などにも出演した俳優が近づいてきたら、ついお金を出してしまう、という人も多かったのでしょう。遠藤は億に近い出資金を集めることができたと噂されています。しかし、遠藤はこの金をギャンブルや夜遊び、女遊びなどで溶かしてしまったといいます」(前出の実話誌ライター)

 その結果が、『ナックルズ』に掲載された制裁を受けたあとの痛々しい写真、ということだろうか。

「期待していた仮想通貨もうまくいかなかったという話ですね。ただ、遠藤はその溶かしてしまった金を返済していないそうなんです。そのため、“追われる身”となった。東京を離れるしかなくなり、逃亡した挙句、行き着いたのが今回逮捕された徳島だったのではないか、と関係者の間では言われています」(前同)

 遠藤は千葉県出身で徳島とのゆかりはない。

「遠藤は、“逃亡中”なのにこの1月に徳島市内にバーをオープンしたわけです。知人女性と共同で始めたといいますが、彼女なのか別なのか、徳島にも新たな金主がいたと見られていますね。さらに、オープン当初は満席で、高級シャンパンが次々に開いていったといいますから、ここでも自身の知名度を利用したり、持ち前のキャラで常連を増やしていったのかもしれません。

 ただ、その徳島でも事件を起こしてしまったわけですからね。今後、遠藤がどうなっていくのか、その動向をマスコミ各社も注目しているでしょうね」(同)

 つい3~4年ほど前は、俳優として第一線で活躍していた遠藤。芸能界に戻りたいという意向もあったいうが、逮捕された今、何を思うのだろうか――。

関連リンク

  • 6/19 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます