世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」「ボーナスを切り崩して生活してる」

拡大画像を見る

日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省)となっているが、その平均値に該当する世帯年収400万円~600万円のリアルな暮らしはどのようなものだろうか。

キャリコネニュース読者の岡山県20代男性(メーカー/世帯年収400万円)は、「実家暮らしなのでお金かからず、余裕があります」と話す。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「給与に満足しているが、残業ありきの金額」

前出の男性は、一部上場の企業で働いており、「福利厚生もしっかりしており、給料も良いとは思います」と語っている。一方で、「肉体労働かつ、残業で稼ぐ方法なので、帰ったらクタクタでご飯も食べずに寝てしまうときもあります」と述べた。

お金の使い道は、実家に生活費を入れる、2週間に1度スイーツを食べる、2ヶ月に1足スニーカーを買う程度。自然に貯金が増え、最近では「投資に興味を持ち始めた」と綴っている。

「ほとんど物欲がない。好きな物は、車・バイク・時計など、高価で買えないため、同年代に比べたら支出は少ない方かと思います」

男性は友達と遊びに行くなど、自分の好きなことはある程度できているため、現在の収入には「概ね満足」としながらも、「会社の将来性や、自分の夢のことを考え、転職活動中です」と続けた。

岡山県の30代男性(メーカー/世帯年収500万円)は、「不妊治療で貯金ができない」と苦しい胸中を明かした。男性は子どもを中心に考えているため、「マイホームも蓄えも不明で不安だ」と語る。「蓄えが必要なら節約する必要があるけど……人生の舵切りができない」と嘆いた。

「現在の収入は、手当が多いから成り立っている」

大阪府の30代男性(金融/世帯年収450万円)は、ダブルワークをしながら専業主婦の妻と暮らしている。

「大学院修了とリーマンショックが重なり、正社員の雇用がまったくなく、当時はアルバイトからはじめました」と過去を振り返る。現在の収入については、「手当が多いから成り立っている」と述べた。

「副業は藝大修了を活かした演奏活動です。月に2~3回舞台に立っています。そもそも収入の内半分は付き合いで消えていきますので半分趣味、半分仕事と言った状態」

これまではダブルワークで上手くやってきた男性だったが、コロナ禍で風向きが変わってしまい、2年間は演奏による収入がなくなった。

「土日の在宅日数が増え、家族と過ごすことが多くなっている点はありがたい」

とポジティブに語るが、「全体を通して毎月の給与では生活できず、ボーナスを切り崩して生活しているので、生活は楽とは言えません」とも。

男性は子どもの教育にお金をかけたいと考えているため、その貯蓄にも苦労しており、「今後は定期昇給する中でボーナスを貯金にまわします」と述べた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

関連リンク

  • 6/19 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます