元カレ問題。お互いが次へ進むための決断とは?【LINE事件簿 #68】

拡大画像を見る

どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「終わった恋の行方」をみなさんにご紹介します。

「終わった恋の行方」その10


大輝さん(仮名・27歳)に対する本音をLINEでぶつけた奈々さん(仮名・25歳)。

2カ月前の別れる時にさえ、ここまでの話はしていなかったことに気づきました。

そして、その本心を初めて聞いた大輝さんは……。



このあと、大輝さんから『勿忘』という曲がLINEで送られてきたそうです。

付き合っていた当時「観に行かない?」と話していた映画の主題歌で、その中にこんな歌詞がありました。

“例えば今君が その瞳濡らしていたとしても 呼ぶ声はもう聞こえない”

“絵の具を溶かすように 君との日々は記憶の中 滲んでく”

終わった恋は滲んでいきますが、お2人とも次の恋では大きな虹がかかるといいですね。

もっと早くお互いが本音で話し合っていたら違った恋の行方になったのかもしれません。

しかし、前向きになれた今の2人なら、今度はきっと大丈夫でしょう。

みなさんも「終わった恋の行方」こじらせていませんか?

次回のLINE事件簿もお楽しみに。

(LINE探偵)

※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています

関連リンク

  • 6/18 14:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます