『ガラスの仮面』美内すずえ先生「あふれるSMAP愛」にブーイングの理由

拡大画像を見る

 1976年に連載開始し、いまだに未完の大作『ガラスの仮面』(白泉社)の作者である美内すずえ先生(70)のインタビュー記事が、6月16日付の『FRIDAYデジタル』に掲載された。意外にも思えるが、その内容は、元SMAPで「新しい地図」として活躍する稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(46)。香取慎吾(44)の芝居のどこに惹かれたのかについて語るというもの。

「美内先生は昔から『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)を録画していたり、それなりにSMAPを楽しんでいましたが、解散騒動があった16年の“公開処刑”を機に、“こんなことを彼らにさせちゃいけないだろうとやるせない思いになって、関心が深まっていった”と明かしています」(女性誌記者)

「公開処刑」とは、2016年1月18日に放送された『スマスマ』生放送のこと。当時、解散や独立騒動が報じられていた件について、SMAPの5人が世間を騒がせた旨を謝罪した出来事だ。

「木村拓哉(48)だけ謝罪の言葉がなかったり、4人が黒ネクタイだったのに木村だけ白ネクタイだったりしたことが、“事務所やファン側の木村と裏切った4人”のような演出だった、として、当時“木村以外の4人を無理やり謝罪させた”と大炎上した出来事でした。

 美内先生が“こんなことを~”と感じたのももっともなくらい、木村含めて全員が疲れ果てた顔をしていました。この放送で一時的に騒動は収束したものの、結局、同年8月に正式に解散が公式発表されたのは、ご存知の通りです」(前同)

■退所後のタブーも忖度せずにコメント

 インタビューでは、現在のグループ名『新しい地図』の名前の由来が「“NEW・SMAP”→“NEW MAP”」であることにも言及。また、美内先生の『ガラスの仮面』は、平凡な少女北島マヤが多くのライバルと切磋琢磨し、非凡な役者としての才能を開花させていく“芝居”を描いている作品ということで、草なぎ剛らの演技に言及する場面もあった。その際、映画『ミッドナイトスワン』やNHK大河ドラマ『青天を衝け』を高く評価していたが、この際も、

「解散直前から現在までの間、テレビで観られなかった空白の期間が一気に消えて。いやな思いもいっぱいしただろうし、苦労したとも思うんですけど、それを一切感じさせず、淡々とされている。なんかいいですね」(前出の女性誌記者)

 と、演技だけでなく、退所後の動向についても称賛していた。ちなみに、よく「草なぎ剛は北島マヤです」と『地図』のファンには言われているそうだ。

■SMAP復帰を望んでいる

「19年7月、公正取引委員会が“『新しい地図』が出演しないよう民放テレビ局などに圧力をかけた”とジャニーズ事務所に注意するまで、露骨に3人の地上波テレビの出演が激減していましたからね。とりわけ、香取は昨年末の『第53回年忘れにっぽんの歌』で“テレビに出てます!”としたり、今年1月クールのドラマ『アノニマス』(いずれもテレビ東京系)について“連続ドラマもうやらないと思ってた”といった発言をしていました。タブー視されがちな話題についても、美内先生は今回さりげなく、触れていたことになりますね。“世間から潰されそうになっていた彼ら”という、踏み込んだ言い回しもありました」(前同)

 このほかにも稲垣吾郎主演舞台『No.9-不滅の旋律-』を再演の千秋楽込みで5回も観劇し「あのラストの感動は、何度でも体験したい」とコメントし、香取の画家としての才能が優れている話、中居のMC術のすごさ、木村のドラマなどなど、多くのことについて語っていた。

「紅白や東京ドームなどで、一夜限りでいいので『SMAPの同窓会』をやってほしい、と話し、“事務所間の問題はいろいろあるでしょうが、この時だけでも手を結んでくれないかなあ”と、率直な思いも吐露していました。このインタビューは、『地図』のファンにも『ガラスの仮面』のファンにも大いに反響があったようですね」(前出の専門誌記者)

■「続きはまだか」の声も

 SNSでは、

《SMAPと新しい地図の才能を認めているのは心強い。いつか美内先生の脚本でSMAPや新しい地図の芝居を見てみたいな。》《SMAP愛が伝わってくる》《いろいろ言及してくれてありがとう!》

 という声がある一方で、

《SMAPファンとしては嬉しいインタビューだけど、ガラスの仮面ファンとしては早く仕事して!だよね》《元気そう。。。病気で執筆止まってるのかと思った。》《インタビュー応えてる暇があったらガラスの仮面早く終わらせて下さい。》

 と、「先に漫画を描いてくれ」というメッセージも目立っていた。

「1975年に連載を開始した同作は、2018年5月に連載誌『別冊花とゆめ』(白泉社)が休刊してしまい、現在まで休載していますからね。しかし、今回のインタビューは、有料で読める続きの部分で“『ガラスの仮面』の完結編を、早く描きたいです。長年、ずっと続きを待ってくださっている読者のためにも。私、あきらめてませんので”と話している。きっと、近いうちに続きが読めると思いますよ」(前同)

 演劇漫画の巨匠を夢中にするSMAP。あらためて、そのグループとしてのすごさを実感する一幕となった。

関連リンク

  • 6/18 12:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • SMAPは、良い曲が多いですよね?

  • グレイス

    6/18 13:16

    インタビューに答えている暇があったら…ってアホか。マンガ描くのがどんだけ大変なんだか知らんのかな。だいだい連載誌が休刊してんじゃ仕方ないじゃん。まあこれまでもコミックスにする際は連載版にかなり手を入れていたから、連載なしで書き下ろしでコミックス化はありえる。でも決めるのは出版社だからね?

記事の無断転載を禁じます