宮脇咲良、今年上半期最も“バズ”った人物に決定! 『第1回CanCam Buzz Award』受賞

宮脇咲良が、『第1回CanCam Buzz Award』を受賞した。

『第1回CanCam Buzz Award』は、6月23日(水)発売の『CanCam8月号』誌上で開催された今年上半期に最もバズった人物やモノを選出するアワード。

読者700人がアンケートで選んだ、CanCam世代に生きる活力=ときめき(ハート)を与えてくれた「Top of キュンキュン」部門では、俳優の赤楚衛二とアイドルの宮脇咲良が受賞した。

宮脇は、今年HKT48とIZ*ONEを卒業。日本のみならず、“世界”という大きな舞台でキラキラと輝く姿に多くの人が勇気づけられた。アイドルにとって“キュンキュン”させることは、欠かせないポイント。インタビューでは、そんなファンの心をつかむコツについても語っている。

“私自身がアイドルのファンで、アイドルヲタクなんですよね。プレイヤーであり、見ている側でもある。だからこそ自分がファンだったらこうしてほしいということを知っているから、ファンの方に喜んでいただけることができるんじゃないかなって思います”

ファンの声に耳を傾けるためエゴサも欠かせないという宮脇。世界中のファンの心をつかみつつ、卒業後はどんなキラキラを見せてくれるのか、CanCam世代が今最も気になる存在となっている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/18 8:26
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます