アストン・ヴィラ、35歳アシュリー・ヤングが10年ぶり復帰!…1年契約での獲得発表

拡大画像を見る

 アストン・ヴィラは17日、元イングランド代表MFアシュリー・ヤングの獲得をクラブ公式サイトで発表した。契約期間は1年間。

 10年ぶりの古巣復帰となった。ヤングは2007年冬から2011年夏までアストン・ヴィラに所属し、公式戦190試合出場37ゴールを記録していた。今シーズン限りでインテルとの契約が切れたため、フリー移籍での加入。古巣ワトフォードやバーンリーなどへの移籍も噂されていた。

 同選手はクラブ公式チャンネルのインタビューで「復帰できて素晴らしい気持ちだ。クラブを離れていた気がしない。懐かしい顔ぶれに会い、練習場に戻って施設やその発展を見て、復帰をとてもうれしく思った。僕がいた頃よりクラブがいかに進化したかわかる。僕は仕事に取り掛かる準備が準備ができているよ」と喜びを語った。

 現在35歳のヤングは、ワトフォードの下部組織出身でアストン・ヴィラを経て、2011年夏にマンチェスター・Uに移籍。8年半でプレミアリーグ、FAカップ、リーグカップ、ヨーロッパリーグの優勝を経験した。2020年1月にはインテルに移籍し、2020-21シーズンは11年ぶりのセリエA制覇に貢献した。

関連リンク

  • 6/18 3:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます