男性ドン引き!【痛々しい女性】と思われがちなLINEって?

拡大画像を見る


自分ではアプローチしているつもりでも、LINEの内容によっては男性に痛々しいと思われてしまう恐れがあります。痛々しいLINEを送ると、どんなにその他のアプローチが成功していても、恋愛が成就する可能性は低くなるでしょう。
どんなLINEだと痛々しいと思われてしまうのか、内容をチェックしてみましょう。


既読スルーに返信を強要

男性から既読スルーされることもあるでしょう。返信に困る内容だったり、男性が脈なしをアピールするためだったりという理由で、既読スルーをされるのも珍しいことではありません。
単に返信を忘れていて既読スルーになってしまっていることもあるでしょう。その時、スタンプなどを送って返信を催促・強要すると面倒で痛々しい女性だと思われる恐れがあります。既読スルーされた場合も返信を強要するのではなく、新たに違う話題を振るようにしましょう。


スタンプ連打

可愛いスタンプを購入すると、どんどん使いたくなることもあるでしょう。しかし、スタンプ連打は通知音などがうざいと思われてLINEが面倒だと思われる原因になりかねません。
数個送って1セットになっているようなスタンプであっても、連打するのは避けましょう。友達同士なら良くても、気になる男性相手にスタンプ連打は禁物です。


変な時間のLINE

シフト制や夜勤があれば、なかなか一般的な時間にLINEを送るのも難しいでしょう。ですが、あまりにも変な時間にLINEを送るのも、LINEに依存している痛々しい女性だと思われる恐れがあります。
さらに、変な時間に送って返信を催促するようなコンボをすると一気に印象が悪くなるでしょう。深夜~早朝の時間帯や、仕事が忙しい時間帯にLINEを送り、相手の返信を催促するような行動は絶対にやめましょう。


LINEで嫌われると恋のチャンスもなくなるかも?

LINEは、現在では単なる連絡手段ではなく相手との距離を縮める恋愛の必須アイテムとなっています。軽い気持ちで送ったLINEで痛々しい女性だと認識されると、その後のリカバリーはほぼ不可能になってしまうでしょう。
恋のチャンスをなくさないよう、たかがLINEといえども慎重に送ってくださいね。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/17 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます