遠藤要、「闇カジノ」「俳優暴行」に続き今度は「傷害事件」で逮捕! トラブル連発の陰で、反社会的勢力から“制裁”も

拡大画像を見る

 6月15日、元俳優の遠藤要が傷害容疑で逮捕されていたことがわかった。かつては映画『クローズZERO』シリーズなどに出演し、ドラマや舞台でも活躍していた遠藤だが、2017年にスキャンダルを報じられて以降、所属事務所から契約解除され、業界内では不穏なうわさも飛び交っていた。そんな中、またしても事件を起こしてしまったようだ。

「遠藤は、17年2月発売の『フライデー』(講談社)で“闇カジノ”への出入りが発覚し、当時所属していたエイベックス・ヴァンガードから謹慎処分が下された後、18年3月に契約を解除されました。さらに、同4月には『スポーツニッポン』で、東京・六本木の飲食店を訪れた遠藤が、会計額に不満を抱き、アルバイト勤務していた俳優・谷川功を暴行。全治7~10日のけがを負わせ、被害届を提出されていたと報じています」(芸能ライター)

 トラブルを連発していた遠藤は、その後、芸能界から遠ざかっていたが、またしても暴力沙汰を起こしていたことが判明した。

「報道によると、遠藤は今月13日、徳島県で自身が経営するバーの元アルバイトの男子大学生を数回殴り、顔などに約1週間のけがを負わせたため、傷害容疑で徳島県警に逮捕されたそうです。遠藤は18年の暴行事件以降、表舞台から姿を消し、2年ほど前から業界内で『東京を離れ、逃亡している』とのうわさが流れていました」(テレビ局関係者)

 というのも、19年5月発売の「実話ナックルズ」(大洋図書)が、“数千万円単位の大金を横領し、命に関わるような事態に追い込まれている”という「俳優E」についてスクープ。当時、マスコミ関係者の間では、「Eは遠藤であり、反社会的勢力から命を狙われている」とささやかれていたようだ。

「『ナックルズ』は、仮想通貨の広告塔になっていたという『俳優E』が、出資者から集めた金を“横領”してギャンブルや女遊びに使ってしまい、反社会的勢力から“制裁”を受けたと報道。誌面には、顔面が変色するほど腫れあがった『俳優E』の目元をぼかした写真も掲載され、過酷な暴行を受けた様子が確認できました。その写真や、記事に記載された経歴から、『俳優E』は遠藤とみられ、また一部マスコミ関係者は“遠藤が反社とトラブルになっている”という情報も握っていたため、今回の逮捕報道によって『逃亡生活の末、徳島に潜伏していたのではないか』と注目を集めています」(同)

 名前が出るたびに、警察沙汰となっている遠藤。今回は逮捕までされているだけに、もはや芸能界復帰は望めないだろう。

  • 6/17 12:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • ***

    6/18 22:49

    誰か知らんが超マイナーな輩やろ?犯罪を繰り返す人間のクズめ。人間のクズはこの世に不要なんで殺害すべき。

  • そろそろ芸能界も社会不適応者の受け皿的ポジションを返上するべきでしょう! 業界をクリーンにするのはその業界の人間達です!

  • レイ

    6/18 12:48

    記事の右の写真はエハラマサヒロでは??

記事の無断転載を禁じます