【無印良品】ありそうでなかった!そのまま食べられる「ナン」が新発売 おいしく食べるコツは?

拡大画像を見る

無印良品のフードといえば、種類豊富なレトルトカレーが有名ですよね。本格的な味わいだけに、ライスではなくナンを合わせて食べたいと思っていた人も多いのでは? そんなニーズを受けてか、ついにそのまま食べられる「ナン」が登場! さっそく食べてみました。

そのまま食べられる無印良品の「ナン」


こちらが5月19日に発売された無印良品の「ナン」(190円)。食べやすいサイズのナンが、1袋に2枚入っています。現地と同様、1枚ずつ手でのばして作るというこだわりの品です。


常温保存が可能で、賞味期限が60日と長めなので、レトルトカレーとセットで買えば、すぐに本格的なカレーが楽しめます。

小麦が香るシンプルな味わい


まずは開封してそのままで食べてみると、ほどよい塩加減で小麦の風味が感じられます。食感は、しっとりとしてやわらかく、とても食べやすい仕上がり。


1枚約50gで135kcalと、比較的、低カロリーなのもうれしいところ。カレーといっしょに食べるのはもちろん、素朴なパンとしてストックしても良さそうです。

トースターで焼くとおいしさ倍増!


パッケージの説明によると、トースターで焼くのがおすすめとのこと。書かれているとおり1分ほど焼いてみました。


すると表面はサクサク、カリカリ、中はふっくらと生地が膨れあがり、モチモチの食感に! そのまま食べたときとは、まったく違います。


ちなみに筆者の家のトースターでは1分半~2分ほど焼いたほうがおいしかったです。機種によって火力は異なるので、ぜひベストな焼き時間を探してみてください。

また、表面に軽くバターを塗って焼くとより本格的な味わいになり、おすすめです。

「フライパンでつくるナン」と間違えないように注意


ちなみに無印良品には以前から「フライパンでつくるナン」(190円)というミックス粉があります。


こちらは4枚分ですが、価格は同じです。買ったことがないとパッケージ写真を見て間違えやすいので気をつけてくださいね。


グリーンカレーやバターチキンカレーなど、お気に入りのカレーといっしょに食べれば、手軽におうちでインドカレー屋さん気分を楽しめる、無印良品の「ナン」。

これからは、レトルトカレーとセット買いする人が増えそうです。あなたもぜひチェックしてみてくださいね。

(ライター/富士みやこ)

関連リンク

  • 6/17 10:00
  • リビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます