V6岡田准一「多額の借金」「三宅健のパンツ盗んだ」過去を告白「お金がない」

拡大画像を見る

 6月13日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)で、V6の岡田准一(40)がV6への思いと、これまで語ったことのない借金についてMCの林修(55)に告白した。

 林は岡田のことを「“目力”と“体幹”の人」「体幹がブレないっていうところが、結局生き方がブレないところにもつながってる」と絶賛、岡田は「そういうのは大事にしてます」「どう生きるのかっていうのは」とうなずいた。

 V6が、初期メンバー6人のまま変わらずに26年間トップアイドルとして活動してきたことに林が触れると、岡田は「僕ら世代では、ちょっとなんだろう。全員いないとグループではないよなっていう感覚がある世代」「1人でも欠けたら、例えばV6はV6じゃないみたいな感覚がすごく強くて」と語り、「1人でも辞めたらみんな辞めることを選ぶのが、僕らのグループだった」と続けた。

 V6は今年3月、CDデビュー26周年を迎える11月1日に解散することを発表。ジャニーズ事務所は「これは6人がV6メンバーであることを誇りに思い、一人の人間として、これからの人生に対して前向きに決断した結果」だと説明。

 森田剛(42)から「ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」という申し出があり、メンバー全員で話し合った結果の解散だという。グループ解散後、森田は事務所を退所し、他のメンバーは事務所に残り、それぞれソロでの活動を続けていく。

 岡田は林に、実は14歳のデビュー当時から「ずっと辞めることを考えてた」と告白。普通、ジャニーズはJr.としてレッスンを受けてデビューするが、岡田は1996年まで放送されていた『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)の企画“ジャニーズ予備校”がデビューのきっかけ。そこで地元の大阪から都内の高校に通うことになり、岡田は「高校に入ったときに、高校のお金を借りたんですよね。事務所から」と明かした。

■パンツが買えず、三宅健のパンツを…

 そうした経緯があるため、岡田は「現実的に辞めるとか、お借りしたお金を返せるのかとか、何をできるんだろうか」と、デビューした当時から仕事や人生に向き合う覚悟にもなったという。過去に多額の借金があったという林は「借金は男を大きくするか、男を潰すかのどっちかなんですよ」「借金の力で大きくなれる人は実際にいますよね」と岡田の話に共感。

 岡田はうなずきながら、「借金があるから、ずっとメンバーのパンツを盗んだりしてた」「パンツ買うお金がない」と苦笑い。

 岡田は「僕は白いパンツしか中学3年生まではいたことなかったので、東京来て三宅くんのパンツを見た瞬間に“こんなパンツあるんだ”と思って」と、三宅健(41)が愛用していたカルバンクラインのビキニタイプのパンツに憧れて盗んだところ、後日三宅が「俺のはくんだったらこれはいて」と、パンツをプレゼントしてくれたと語った。

「人生は愛するように仕事は恋するように」という座右の銘を明かし、現在の仕事への向き合い方も明かした岡田。最後に林から「今回メディアで初めて語ったことっていうのは?」と聞かれ、「借金の話は出たことない」と告白。林は再び「借金は僕もプロなんで」と胸を張ったが、岡田は「借金はあんまりしないほうがいいと思いますけどね」と苦笑いしていた。

 かつては借金生活でメンバーのパンツを盗んでしまうほどお金のなかった岡田だが、今やジャニーズの枠を超え、日本を代表するアクション俳優としても唯一無二の存在。

 2019年には、都内一等地に総工費5億円は下らないと噂される、こだわりが詰まった豪邸を建てたことも話題になっていた。そんな今があるのも、デビュー当時の借金のおかげ!?

関連リンク

  • 6/17 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    6/18 22:52

    盗みを告白するアホ

記事の無断転載を禁じます