清原和博、まさかの「ベストファーザー賞」受賞は運営側の粋なはからい?

拡大画像を見る

 元プロ野球選手で野球評論家の清原和博氏が6月14日、「ベスト・ファーザー賞in関西」のスポーツ部門特別賞を受賞した。

 清原氏といえば、2016年に法律違反薬物の取締法違反により逮捕され、20年6月に執行猶予が満了したばかりだ。

 そんな清原氏を選考したのは「再起を果たそうと前向きに生きる姿に、スポーツファンだけではなく、多くの国民が感銘を受けている。現役時代、私たちに夢や希望を与えてくれた同氏に、今度は再起を願う多くの人たちになり変わって、エールの思いを込めた授賞となります」などの理由からだった。

 確かに現在の清原氏は、野球のイベントやテレビ出演、YouTubeなどで活動。私生活では高校、大学で野球をしている2人の息子をサポート。6月には慶応大学野球部1年の長男・正吾内野手を神宮球場で応援する姿も話題になった。

 本人は今回の受賞について「本当にびっくりしましたし、まさか自分がこのような素晴らしい賞に選んでいただけることは、すごく嬉しかったですし、感激しています」など感謝を述べ、モデルで元妻の亜希へはすぐに連絡したそうで「すごく喜んでくれました」と語った。

 今回の受賞に対しネット上では「1度薬物に手を出したら2度とやめられない、ということを嘘だと思っている若者が多数いるので、啓蒙活動頑張ってもらいたい」などの励ましの意見が散見された。

 今回の受賞に疑問を投げかける意見もあったが“エールの思いを込めた”という受賞理由に納得したようで「運営側の粋なはからいに、あっぱれ」などの声が多数。これを機に、今後も2度と法律違反薬物に手を出さないでほしいと願う。

関連リンク

  • 6/17 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • あきひろ

    6/17 15:50

    今更球界界隈なんかに無理に首突っ込まなくても本でも出して講演でもしてりゃ優雅にやっていけそうですね。

  • いち(

    6/17 14:02

    PL学園野球部監督…ムリかな。

記事の無断転載を禁じます