レアル・マドリード、主将セルヒオ・ラモスの退団を発表…17日にセレモニー実施

拡大画像を見る

 レアル・マドリードは16日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの退団を発表した。

 長くチームをけん引してきた偉大なるキャプテンの退団が決まった。クラブは翌17日にフロレンティーノ・ペレス会長の立会いのもとで、S・ラモスの退団セレモニーを行うという。同選手はセレモニー後に記者会見に出席するようだ。

 現在35歳のS・ラモスは、2005年夏にセビージャからレアル・マドリードに移籍した。在籍16年で公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録。5回のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ優勝など、数々のタイトルをもたらした。今シーズンは度重なるケガや新型コロナウイルス感染の影響で公式戦21試合出場にとどまり、EURO2020のスペイン代表メンバーからも外れていた。

 なお、同選手はレアル・マドリードとの契約が2021年6月30日で満了を迎えるため、去就に注目が集まっていた。レアル・マドリードとも新契約の交渉は行われていたようだが、その一方で古巣のセビージャやパリ・サンジェルマンなどへの移籍も噂されていた。

関連リンク

  • 6/17 4:49
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます