イケアが“飾る”スピーカーを発表、日本では2022年に発売予定

拡大画像を見る

 イケア・ジャパンはアメリカのサウンドシステムブランド「Sonos(ソノス)」と共同開発した「SYMFONISK/シンフォニスク アートフレーム WiFiスピーカー付き」の、国内販売を発表した。発売時期は2022年。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

 「SYMFONISK/シンフォニスク アートフレーム WiFiスピーカー付き」は、イケアと「Sonos」とのコラボレーションによって誕生した、高品質のサウンドと美しいデザインを兼ね備えた無線LAN対応スピーカー。インテリアにしっかりとなじみ、家の中に溶け込むデザインを採用しており、フロント部分は交換が可能で、好みのデザインのアートパネルを選べる。
 単体での使用はもちろん、他の「SYMFONISK/シンフォニスク」製品や、「Sonos」製品と接続でき、これまでの「SYMFONISK/シンフォニスク」「Sonos」製品同様に100を超えるストリーミングサービスに対応する(日本では50以上のストリーミングサービスを利用可能)。なお、価格や製品の詳細は、発売時の発表を予定している。

関連リンク

  • 6/16 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます