松たか子と“三人の元夫”松田・角田・岡田から最終話を前にメッセージが到着!

拡大画像を見る

松たか子が主演を務めるドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の最終話が、6月15日21時30分から放送される。このたび、全ての撮影を無事に終えた松、岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平の四人からコメントが到着した。

本作は、『カルテット』『最高の離婚』など数々の連続ドラマを手がける脚本家・坂元裕二の完全オリジナル作品。3回結婚して3回離婚したバツ3・子持ち社長の大豆田とわ子(松)が、三人の元夫たちに振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディ。とわ子の一番目の元夫・田中八作を松田、二番目の元夫・佐藤鹿太郎を角田、三番目の元夫・中村慎森を岡田が演じる。

前回放送の第9話では、とわ子が四度目の結婚には踏み切らず、八作に独りで生きることにしたと告げるシーンが話題に。インターネット上では、「夫婦シーンはご褒美かなんかですか」「二人の不器用さが愛しくて号泣」「すごいものをみた」「(独りでも幸せになれる……という台詞に対して)この言葉で何人の視聴者が救われたことか」との声があった。

<松たか子 コメント>
――撮影を終えられた感想をお願いします。

なにより最後まで止まることなく撮影を終えられたことは、本当にスタッフ・出演者が自分を褒めていいことだと思うので、ホッとしています。三人の元夫たち、そして通り過ぎていった男性たち(笑)、それにかごめや家族や職場の人たちと、いろいろな役やその役を演じる俳優の皆さんのおかげで、私は“とわ子でいさせてもらえた”と思いますし、すごく感謝しています。

――四人での撮影を振り返っていかがですか?

中盤は四人揃うことが少なかったので、終盤で再び集まると何とも言えない安心感がありました。お芝居は難しいけれど、みんな揃うと楽しい。いるだけで大変なシーンも目配せしながら頑張れる。本当に良いメンバーだったなって思います。

――視聴者にメッセージをお願いします。

皆さん深く深くお話に乗っかって、拡げてくださった方がたくさんいて感謝しています。最終回のような9話を終えて、「あと何か残ってない?」っていうことを坂元さんが書いてくださりました。みんなすごくチャーミングですし、相変わらずの人たちってことは裏切らないので、最後まで楽しんで見て欲しいです。

<岡田将生 コメント>
――撮影を終えられた感想をお願いします。

とても楽しかったですし、やりがいがある役でした。連続ドラマは何度もやらせていただきましたが、こんなにも人間的に成長し、変化があった役はなかったのではと思います。慎森という役に僕を選んでいただき感謝しています。ずっと僕の中から慎森は離れない気がします。

――四人での撮影を振り返っていかがですか?

幸せな現場でした。御三方が慎森を愛してくれたから、視聴者の皆さんにもこんな人間でも愛すべき所はあると見せてくれてたんだと思います。芝居してる時間は楽しい日々で……もうできないとなると寂しいです。お互いがお互いを尊重し、役として現場で自分を自由にさせていただいた日々は本当に楽しかったです。また、どこかで会いたいなあ。なんて思いがアップした次の日から訪れるなんて。

――視聴者にメッセージをお願いします。

「視聴者に向けてメッセージって必要かな?」で始まったと思うんです、慎森って。そんな慎森を最後まで見届けてほしいです。とわ子さんと元夫は最高です。最高という言葉が一番しっくりきてます。ぜひ、最高な登場人物を見てほしいです。

<角田晃広 コメント>
――撮影を終えられた感想をお願いします。

最初にお話をいただいた時はどうなることかと思いましたけど、松さん、龍平君、岡田君をはじめ、素晴らしい方々とご一緒させていただき、本当に全てを出し切ったという実感があります。髪の毛も人生で一番毛先を遊んでもらいましたし、皆さんに素敵な鹿太郎を作り上げてもらえて感謝しています!

――四人での撮影を振り返っていかがですか?

本当に三人の元夫が揃ってしゃべり始めると、周りが「撮影始まるよ」ってなっているのに気づかないくらいの時もあったので、本当にスタッフさんたちは迷惑したと思います(笑)。そんな我々を温かく笑ってくれるのが松さん。大らかな雰囲気で我々を自由にさせつつ、包みこんでくれるんです。良い雰囲気だったのはやはり松さんのおかげだと思います。

――視聴者にメッセージをお願いします。

器が小さい男から始まりましたが、まあすごくオシャレに撮っていただき、そして坂元先生が用意してくださったロマンチックな台詞の数々のおかげで「鹿太郎かっこいい」という声もあがって、大変ありがたいなと思っています。最終回、とにかく楽しみにしていてください!

<松田龍平 コメント>
――撮影を終えられた感想をお願いします。

コロナで久々の撮影現場だったこともあり、時が経つのを忘れるくらい楽しかったです。自然体になり過ぎて、途中で「ダメだ!」と思ったくらいです(笑)。

――四人での撮影を振り返っていかがですか?

八作だけ離婚の理由が明かされないまま始まりましたが、とわ子とのわだかまりが後半にかけて解消されていって、そこから本当の意味で鹿太郎や慎森と同じ温度でとわ子を囲んで、良い関係性を築けたと思います。最終話の四人のシーンはその完成形だと思いますし、そこにたどり着けたことがすごく印象的でした。本当に楽しかったです。

――視聴者にメッセージをお願いします。

最終回まで見てくださったことがまずうれしいですし、感謝しています。最終回も、とわ子と元夫たちの素敵なフォーメーションを楽しんでください。

<最終話あらすじ>
「好きになれる自分と一緒にいたいし、一人でも幸せになれると思うんだよね」――。考えた末、四度目の結婚には踏み切らず、一人で生きていく道を選んだとわ子(松)。八作(松田)や鹿太郎(角田)、慎森(岡田)ら三人の元夫との関係は相変わらずで、しろくまハウジングも買収前の平穏な日常を取り戻していた。

ある日、オペレッタでとわ子は初恋の相手・甘勝岳人(竹財輝之助)と偶然再会する。親しげに思い出話に花を咲かせる甘勝に嫉妬した鹿太郎は、抑えきれない感情を共有するために慎森に電話をかけるが……。

それからしばらくして、とわ子は自宅に置いていた亡くなった母の荷物が詰まった段ボール箱を偶然見つけ、中から旺介(岩松了)と離婚する前の母が書いた一通の手紙が出てくる。母の思わぬ一面に動揺するとわ子だったが、同時にこの手紙を出せなかった胸中を思って複雑な気持ちになる。すると、同じく手紙に気付いた唄(豊嶋花)が、送り先の人物に会いに行こうと提案する。

関連リンク

  • 6/15 9:30
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます