「縁」=「えん」以外の読み…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

「縁」の「えん」以外の読みってなんだと思いますか?実はこの漢字にも意外な読み方があるんです。今回は読めたらすごい漢字を4つ紹介するので読めるかチェックしてみて♡

(1)「縁」


「えん」という読み方が一般的な「縁」ですが、「ゆかり」という読み方があるのを知っていますか?「ゆかり」という読みをすると、「たどってゆけるつながり」「関係」などを意味する言葉になります。また、「ゆかり」という言葉は、「所縁」と表しても同じ意味になりますよ。よく「縁もゆかりもない」なんて言葉を聞くことがあるかもしれませんが、それは「縁も所縁もない」と書いてもいいんです…!漢字って奥が深いですよね…!

(2)「狼煙」


「狼煙」という漢字は「おおかみけむり」ではありません。読み方は三文字。意味は警報や合図として火を焚いてあげる煙となっています。分かりましたか?この「狼煙」という漢字は「のろし」と読みます。合図としての煙以外にも、比喩的に一連の行動のきっかけとなった目立った行動を意味することもありますよ。なかなか聞かない言葉ではありますが、意味と合わせて知っておくといいかも!

(3)「割愛」


「割愛」は「われあい」ではありません。これはメディアなどでも見る機会があるので、読める人もいるのではないでしょうか。「割愛」という漢字は「かつあい」と読み、「惜しいと思っているものを思い切って手放したり省略すること」を意味していますよ。「省略」とのうまい使い分けをしたい人は、「惜しみながら省く」のか「簡単にするために取り除く」のかを意識してみて。惜しんでいるときは「割愛」になりますよ!

(4)「数多」


「数多」は「かずた」ではありません。「多数」という漢字は目にしますが、逆になると分かりませんね。これは「あまた」と読み、「たくさん」「数多く」などの意味が込められています。「かずた」ではありませんが、実は「すうた」と読んでも間違いではないんですよ…!

読めたらすごい難読漢字、覚えちゃって♡


「縁」「狼煙」「割愛」「数多」、いくつ読めましたか?難しい漢字もできるだけ覚えておくと、役に立つことがあるかもしれませんよ♡

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/14 19:00
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます