ワクチン接種の拡大で景気回復への期待高まる予感(6月14日~18日)【株と為替 今週のねらい目】

拡大画像を見る

東京株式市場で日経平均株価は、材料の乏しさから上値が重い展開が続いている。3万円を前に、なお足踏みが続きそうだ。

そうしたなか、今週は米国でFOMC(米連邦公開市場委員会)、日本では日本銀行の金融政策決定会合が開かれる。その後の米FRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長と日銀の黒田東彦総裁の会見発言は気になるところ。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 日銀の金融政策決定会合、材料にならず?

日経平均株価予想レンジ:2万8500円~2万9500円

2021年6月11日(金)終値 2万8948円73銭

今週の東京株式市場の日経平均株価は、引き続き、もみ合いとなりそうだ。

前週の日経平均株価は、もみ合いとなった。材料の乏しい中で、米国の5月の消費者物価指数の結果に注目が集まったが、大きな材料にはならなかった。日経平均株価は2万9000円台に入ると戻り売りも強く、上値の重い展開が続いた。

今週の日経平均株価は、相場を動かす材料に乏しく、引き続き、もみ合いとなりそうだ。市場では、米国のテーパリング(量的緩和の縮小)に対する懸念から、15日からの米FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果待ちとなっている。このため、週前半は様子見気分の強い展開となりそうだ。17日からは日本銀行の金融政策決定会合が行われるが、こちらは特段の材料にはならなそうだ。

国内では新型コロナウイルスのワクチン接種が進みはじめていることで、景気回復への期待感が高まってくる可能性もありそうだ。

東京外国為替市場 ドル買いの動き縮小か

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円50銭~111円00銭

2021年6月11日(金)終値 109円65銭

今週の外国為替市場でドル円相場は、ドルの上値が重い展開か。

前週のドル円相場は、ドルの底堅い動きが続いた。市場では、米国の景気指標は改善を示すものも多く、米金融当局がテーパリング(量的緩和の縮小)に踏み切るとの期待感がある半面、米長期金利が低下していることで、ドル買い・円売りの動きが縮小した。

今週のドル円相場は、ドルの上値が重い展開となりそうだ。15日からのFOMC(米連邦公開市場委員会)で、金融政策が変更されるとの思惑はあるが、その可能性は小さいと見られている。FOMCでの政策変更がなければ、強いドル買い材料もないことから、ドルの上値が重い展開が続きそうだ。

経済指標は、国内では16日に5月の貿易収支、4月の機械受注、17日に日銀金融政策決定会合(18日まで)、18日に日銀の黒田東彦総裁会見、5月の全国消費者物価指数などが予定されている。

海外では、15日に米FOMC(16日まで)、米国の5月の小売売上高と設備稼働率、鉱工業生産。16日に中国の5月の鉱工業生産と小売売上高、米国の5月住宅着工件数、米FRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長会見などが予定されている。

(鷲尾香一)

関連リンク

  • 6/14 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます