『ドラゴン桜』第7話 高橋海人の清々しさと南沙良「最強のてへっ」がまぶしい

拡大画像を見る

ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の第7話は、東大模試を受けるにあたってプレッシャーに弱い早瀬(南沙良/18)の焦りがクローズアップされた。自分の弱さに直面し、いっそのことやめてしまいたいと思うまでの落ち込む早瀬を、立ち直らせ前を向かせてくれる桜木は、やはり人心掌握のプロだと強く感じさせられた。

 東大模試を受けるのは、現在の自分の学力を知るためであって、受験するかしないかを決めるわけではない。早瀬や天野(加藤清史郎/19)はプレッシャーに押しつぶされそうだったし、瀬戸(高橋海人/22)と楓(平手友梨奈/19)は緊張しながらもリラックスしていた。麻里(志田彩良/21)と健太(細田佳央太/19)は「楽しかった」と言うくらいの心境で受験していたし、藤井(鈴鹿央士/22)は自分の結果をA判定を見込むほどに余裕があった。結果はともかく、模試を受けることでそれぞれが感じたことは今後にきっといい影響を及ぼすだろう。

■先生におちょくられる瀬戸がかわいい

 英語の特別講師に由利杏南(ゆりやんレトリィバァ/30)が招かれ、リスニングの能力を高めるために『ぼそぼそシャドーイング』でコツを掴むことを教えてもらう東大専科の生徒たち。音楽に合わせて体を動かしながら小さい声でぼそぼそと真似をすることなのだが、瀬戸がいちいちツッコミを入れてくる。由利が本当に英語を話せるのか疑問だと言わんばかりにボヤいた直後、流暢な英語で返答されて「すいませんした!」と素直に謝ってバカはちまきをするのは、コントのようで微笑ましい。疑問があれば聞き流さずに、ちゃんと言葉にして伝えるのはいいことだ。興味深いのは、由利とのやり取りで「相変わらず鈍いなあ、Bad boy」と言われたときの何とも言えない複雑な表情だ。

 まさかの流暢な自己紹介に、驚きと混乱を入れ混ぜたような複雑な表情は初めて見た。軽くツッコミを入れた自分が受けた鈍い痛みといった感情をよく表現していた。

 また、東大模試は落ち着いて望んでいる様子が見られた。模試前日には少しでも語彙力を高めようと『マジカルバナナ』を友人としたり、当日も『東大模試6カ条』で教えてもらった通りに対応していた。国語の試験では古文から始めているし、英語のリスニングは回転寿司みたいなものだからメモを取らず要点を聞き取ることに集中するんだという教えを思い出していた。桜木に模試の感想を聞かれ「正直、出来たのか出来てねえのか分からないぐい難しかった」と言い「だけどさ、出来るだけのことはやったよ」と言い切った清々しさがまたいい。結果はE判定だったが、東大を目指すことを止めないという意志の強さ。このまま飛行機が飛ぶ時のように、浮力を溜めるように学力をつけて羽ばたいてほしいと感じた。

 小道具についても押さえておきたいポイントがあった。東大模試の昼食にお弁当を持参していたのだが、透明のタッパーにチャーハンが詰められていたのが瀬戸屋の息子らしくていいなと思った。そしてお店で使用しているだろう、れんげと割り箸だったのもいい。姉ちゃんのためにも、自分のためにも合格してほしいとじんわりした瞬間だった。

■早瀬の焦りと最強の「てへっ」が微笑ましい

 早瀬はのんびりしているようで、実はせっかちで安心できる材料が手元にないと焦り苦しむタイプだった。女の子らしいといえばそれまでだが、柔らかいものに癒されたり安心したいのだろう、自宅の部屋がふわふわのぬいぐるみに溢れていたり、スマホカバーも動物をモチーフにした柔らかい布素材を使用している。穏やかな早瀬が、東大専科をクビになることを恐れて成績を出すことに囚われて暴走するように焦ってしまっていたのは意外だった。

 そして勉強することをやめてしまいたいという感情に行きついてしまう早瀬を落ち着かせ、言い聞かせたのは桜木だった。瀬戸屋でラーメンを食べながら、普通の家庭で、普通の両親で、普通に学校へ行く自分は、別に普通だという早瀬に「お前は生まれ持っての幸運だ」と言う。その普通がどれだけ幸せなことかを説明した時に、瀬戸の何とも言えない表情を見せたことで、同級生の誰もが何かしら背負っているということを見せつけた。

 早瀬も本当は分かっているのだろう、桜木に「覚悟を決めろ」と言われて涙を流した。受験には運も大事なことは藤井を思えば頷けるだろう、高校受験でインフルエンザにかかり受験できたのが龍海学園しかなかったのだ。そして、同級生が作ってくれたラーメンはチャーシュー大盛りだなんてラッキーだし、苦しい気持を間接的に見て聞いて見守ってくれた瀬戸がクラスにいる。やはり早瀬は運を持っていると思うし、やる気を引き出す桜木はさすがだなと思う。後日、早瀬が東大をあきらめないと言い、立ち直ったときの「てへっ」は可愛かったし、「爆上げだー!」と盛り上がる様子を見て安心した。やっぱり早瀬はこうでないと。次回も楽しみだ。

(文・青石 爽)

『ドラゴン桜』は、2005年7月期に放送され社会的ブームを巻き起こした同名ドラマの続編となる新シリーズ。原作は『モーニング』(講談社)にて連載中の三田紀房氏による『ドラゴン桜2』で、前作ドラマの15年後のストーリーをオリジナル展開で描く。偏差値32の龍海学園は経営破綻寸前にあり、これを打開すべく学校再建のエキスパート弁護士・桜木建二(阿部寛/56)による再建を図るが、理事長の龍野久美子(江口のりこ/40)は進学校化に反対、生徒は姉と2人で両親が残したラーメン屋を手伝う瀬戸輝(高橋海人/22)、バドミントン全国トップレベルの選手である岩崎楓(平手友梨奈/19)、優秀な弟に劣等感があり見返してやりたい天野晃一郎(加藤清史郎/19)など悩みや問題を抱えた生徒たち。桜木の教え子であり弁護士になった水野直美(長澤まさみ/33)の奮闘にも注目の学園ドラマである。

関連リンク

  • 6/13 15:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます