フィンランドFW、不測の事態でファンが見せた姿に感嘆「両国のファンが彼の名前を叫び…」

拡大画像を見る

 フィンランド代表FWヨエル・ポーヤンパロは、デンマーク戦で起こったアクシデントを振り返り、両国のファンが見せた姿を称賛した。12日、UEFA公式サイトが伝えている。

 12日に行われたEURO2020・グループB第1節のデンマーク対フィンランドの一戦で、前半途中にデンマークのMFクリスティアン・エリクセンが突然ピッチに倒れ込み、ピッチで心臓マッサージなどの処置が行われるアクシデントが発生。試合は一時中断したものの、同選手の容体が安定したことを受けると、デンマーク代表の決断もあり試合は再開された。

 この試合で後半に決勝ゴールを決め、フィンランドに同大会初勝利をもたらしたポーヤンパロは試合後、アクシデントに見舞われたエリクセンに思いを馳せ、さらに不測の事態に対するファンの対応についてもコメントした。

「まず最初に、僕の心はクリスティアン・エリクセンの家族や友人の方とともにある。すべてがうまくいくことを願うよ。彼の容体が安定し意識が覚めたという情報が回ってきたとき、僕らはプレーを続けられることを願ったし、デンマークのチームとともに決断を下した」

「フットボールが人々をつなげ、フィンランドとデンマークからここに来たファンが彼の名前を叫び、このゲームを愛する姿を見るのは素晴らしいことだ」

関連リンク

  • 6/13 13:16
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます