篠原涼子は離婚せず「1年」!壇蜜、大地真央も…「別居婚芸能人」のリアル!!

拡大画像を見る

 6月8日発売の『女性自身』(光文社)が、篠原涼子(47)と市村正親(72)の別居生活が現在も続いていると報じた。

 篠原と市村をめぐっては昨年8月発売の『女性自身』で、篠原が自宅マンションから車で10分程度の家賃80万円の高級マンションで1人暮らしをしていると報道。当時篠原は、ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)で主演を務めていた。

「新型コロナウイルスへの感染対策が別居の理由だったといいますね。過去に胃がんを患ったことがありコロナ重症化のリスクが高い高齢の市村や、息子たちに迷惑がかからないように別居。篠原の所属事務所も『女性自身』の取材に“コロナ禍の影響で別居していることは事実。しかし不仲が原因ではない。ドラマの撮影が終了したら別居を解消し、自宅での生活に戻ると聞いている”と回答していました」(女性誌記者)

 しかし、『ハケンの品格』の放送はとっくに終了したにもかかわらず、別居開始から1年以上が経過した2021年6月に入っても、篠原は別宅のマンションを引き払っていないという。

「『女性自身』が、篠原の所属事務所に再度回答を求めたところ、別居の事実を認めつつ“市村さんをはじめ家族への感染を防ぐためであること。またコロナ禍により、朝ドラの撮影が今年4月まで延び、その後も、Netflixで放送されるドラマ『金魚妻』など出演作品の撮影が今日現在まで連続して行われているためです”とし、不仲を否定。仕事が落ち着き次第、篠原は自宅に戻るとしたそうです」(前同)

■今や常識? 芸能人の別居婚

 篠原は、まったく自宅に戻らないというわけではなく、6月上旬に一時帰宅し、習い事に向かう息子に付き添っていたこともあったという。

「篠原は徹底して家庭と距離をとっているわけではないようですし、事務所のコメントを見る限り、離婚はなさそうですよね。それでも、篠原が自宅に戻らないのは、思った以上に1人で過ごす時間が心地良かったというのもあるようです。篠原は自由を愛する性格で、家族と決まった場所でガチガチに縛られるよりは今の別居婚状態のほうが合っている。夫婦生活を維持する上で、前向きな選択なのかもしれませんよね」(前出の女性誌記者)

 篠原のような別居婚を選択した芸能人はほかにもいる。2019年11月に漫画家の清野とおる氏(41)との結婚を発表したタレントの壇蜜(40)は、壇蜜のマンションで清野氏が週の半分を過ごす“半別居生活”を送っている。

「4月13日発売の『女性自身』によると、お互い表現者として、別々に暮らしているほうが良好な関係でいられる、と別居婚を選択したといいます。壇蜜本人も2020年12月発売の雑誌『VERY』(光文社)で“清野さんも私も一人でいる時間が必要で、そのほうが仕事が捗るというのがベースにあってここまで生きている”と話していて、お互いの時間を尊重するための選択のようですね。

 また、1月10日付の『LEON』での作家・樋口毅宏氏との対談で、壇蜜は、“清野さんは仕事場と家を行ったり来たりしていて、週の半分くらい家に来ますね”と現在の生活について語っています」(芸能記者)

■妻ファーストの結果で別居婚

 2007年3月にインテリアデザイナーの森田恭通氏との婚約を発表した女優の大地真央(65)も、別居婚生活を送っていることを2017年7月11日付のWEB版『女性自身』が報じた。

「『女性自身』が森田氏を直撃すると、別居の事実をあっさり認め、“僕がいま、仕事で都内のアトリエと自宅を行ったり来たりなんです”と話したほか、森田氏に海外の仕事もあり、大地も舞台仕事が多いため、“この10年の間でお互いストレスが溜まらないように、それぞれのスケジュールを考えて、このような生活をしている”といいます。

 森田氏は別居生活をこのときの2〜3年ほど前から行なっていて、大地の生活リズムを尊重したい妻第一の結果として別居婚にたどりついたそうです。大地とは、自宅で一緒に過ごすこともあるほか、舞台終わりにも食事に出かけ、関係は良好だといいますから、ほどよい距離感が保たれているのかもしれませんね」(前出の芸能記者)

 森田氏は別居婚について「こういうかたちも(夫婦には)あっていいと思いますよ」と話していたという。

「芸能人とは少し違いますが、人気YouTuberグループ・東海オンエアのしばゆー(27)とあやなん(27)夫妻も、6月2日の動画で別居生活を公表し話題になりました。

 第1子の男児とあやなんが東京都で生活、第2子男児をしばゆーが東海オンエアの活動拠点である愛知県岡崎市で生活しているといい、動画であやなんは、自身が第2子男児の世話にかかりきりになって、第1子男児に割ける時間がなくなると懸念して別居に至ったと説明していました。

 以前は、夫婦は一緒に生活するもの、という概念があったものの、夫婦の事情に合わせ前向きな別居生活というスタイルも出てきた。それを著名人が実践することによって、一般にも別居婚というのが浸透していくのかもしれませんね」(前同)

 夫婦それぞれ、ベストだと思うスタイルで生活してほしい!

関連リンク

  • 6/13 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます