三田友梨佳アナ「言いなり謝罪」完全拒否!!安藤優子より怖い「暴走キャスター」!

拡大画像を見る

 フジテレビのアナウンサー数人が、美容室や系列店で無料の施術を受ける見返りに、宣伝協力として店のSNSに登場していた“ステルスマーケティング疑惑”。当のアナウンサーたちが6月3日から5日の間に立て続けにインスタグラムに謝罪文を投稿して、波紋を広げている。

 6月3日に宮澤智アナ(31)、久慈暁子アナ(26)、堤礼実アナ(27)が、4日には三上真奈アナ(32)、海老原優香アナ(27)、杉原千尋アナ(25)、5日には井上清華アナ(26)、三田友梨佳アナ(34)がそれぞれインスタを更新。

 久慈アナは「この度は報道された件に関しまして、深く反省しております」と、井上アナ(26)も「皆様、お久しぶりです。報道された件に関して、放送人として自覚を持って行動しなければならなかったと反省しています」といった謝罪文を投稿している。

「ただ、2人とも“報道された件”と記し、“ステマ疑惑について”と具体的に何の報道のどのような行為を反省しているのかは具体的には示していない。宮澤アナ、堤アナ、三上アナ、海老原アナ、杉原アナも同じような内容で、この“謝罪文”がさらなる批判を招いています」(制作会社関係者)

 ネットには「何のことか書いてもらわないとわからない。知ってる前提で定型文謝罪は、まったく意味ない」「同じタイミングでインスタやブログの更新をした点から見て、組織としてフジテレビが書かせたと考えるのが自然。つまり、会社の考えを反映させた定型文を少しずつ変えて投稿したにすぎない」といった声が上がっている。

■三田アナだけが“独自謝罪”

 そんな中、三田アナだけは他の女子アナとは異なり、独自の文面を投稿している。

 三田アナは、「久しぶりの投稿となってしまい申し訳ありません。先日一部報道にありました美容室SNSにおける写真掲載について、私の認識不足によりご心配、ご不快な点があったこと、ご報告が遅くなってしまったこと、大変申し訳なく思っております」と謝罪。

 続けて、「皆さまに少しだけ説明させてください。私は中学生の頃から同じ美容室に通っており、代金はいつもお支払いしてきました」と通っていた美容室について説明。

 また、「他に一店舗、担当番組のメイクさんの美容室にも何度か伺ったことがあり、そちらでもお支払いをしております。ただこちらでは、結婚祝い等としてトリートメントをサービスしていただいたことがありました」と受けていたサービスについて記載し、「その際には後日御礼の品はお渡ししていましたが、ご厚意とはいえお断りすべきだったと反省しております」と反省の弁を述べた。

 最後には「今回、特定の美容室のSNSなどに、フジテレビアナウンサーとして自身の写真が掲載されたことは事実であり、ニュースに携わる人間として認識が甘かったと感じております。今後はより一層自らの行動に責任を持ち、引き続き仕事を第一に精進して参ります」とつづったのだ。

■三田アナの独自コメントに現場はヒヤヒヤ!?

 前出の制作会社関係者が続ける。

「ネットの声にもあるように、三田アナ以外の女子アナは、上層部から“こういう内容で投稿しなさい”と指示があり、ベースの原稿があってそれに沿ってそれぞれ加筆したりしたのでしょう。ただ、三田アナの投稿だけは毛色が違う。それは、この謝罪文は三田アナ本人が作成したものだからでしょう。

 今回のステマ疑惑の件以外のケースでも、三田アナは上からの指示をいい意味でも悪い意味でも聞かないタイプ。たとえば、ニュース番組の原稿は記者やディレクターが作成し、アナウンサーはその原稿を読む、というスタイルが一般的です。

 ただ、彼女だけはそうではない。三田アナといえば、ニュースのあとに自分の意見をつけ加えることで知られ、そのコメント力が評価され、『Live News α』(フジテレビ系)のメインキャスターに抜擢されましたが、その“自分のコメント”は自ら作成してるといいます」(前出の制作会社関係者)

“自分の意見”なのだから、自分で作成するのは当たり前かとも思えるが――。

「アナウンサーでそんなことをやっているのは三田アナだけ。アナウンス能力と美貌を兼ね備え、“スーパー綾子”と称され、先日結婚を発表したばかりの加藤綾子さん(36)も、さらには、あの安藤優子さん(62)ですらそんなことはせず、自分のコメントは事前にスタッフに確認してもらっていました。

 ところが、三田アナはスタッフにも本番前に確認をとらないどころか、何を話すのかもスタッフに伝えない。長年アナウンサーをしているわけですから、さすがに変なことを言うことはないでしょうが、万が一の事故が起きないか、現場はヒヤヒヤしているといいます。今回のステマ疑惑の謝罪文にしても、番組での独自コメントにしても、悪く言うと“暴走気味”とも言えると。

 ただ、三田アナは人一倍研究熱心な勉強家で、その日取り上げるニュースについて、本番に臨むときにはスタジオの誰よりも詳しくなっているほど。だからこそ自分の意見を述べることができるし、自分の考えた言葉だからこそ、視聴者に響く。自分の言葉を持つ、真のキャスターである、と言えるかもしれませんね」(前同)

 謝罪もニュースへのコメントも独自路線の三田アナ。これから、キャスターとしても唯一無二の存在になっていく!?

関連リンク

  • 6/13 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 三田さんのこの件に対するコメント、全く問題ないですよね。もう謝る必要は無いと思います。

  • キツイ顔ですものね、三田さん。

  • 東スポの同じ記事によれば、他のアナウンサーが「三田先輩だってやってるから」と言い訳していた事に「一緒にするな」とキレて独自コメント付けたってあったぜ。そこは大衆は無視?。(だからヴィーナスが休刊になるんだと気付けよ)

記事の無断転載を禁じます