岡田健史「引退危機」を救うのは…「俺と心中して」小栗旬6つの「アニキ伝説」!!

拡大画像を見る

 ドラマ『中学聖日記』(TBS系)などでの演技で注目を集め、現在はNHK大河ドラマ『青天を衝け』に尾高平九郎役で出演中の岡田健史(22)。

 若手イケメン俳優として、ドラマや映画に引っ張りだこの岡田だが、今まさに所属事務所に契約解除を求めて裁判で係争中だ。

 3月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で事務所社長のパワハラ疑惑が報じられたことをきっかけに、岡田は社長と距離を置き始めたという。

 6月10日発売の『女性セブン』(小学館)では、岡田の契約は5年間で、あと2年ほど残っているものの、仕事量に対する報酬が充分ではなく、“奴隷契約”という指摘も出ていると報じている。

 岡田は事務所の寮を出て、送迎も断り、自力で現場入りしているというが、そんな岡田に手を差し伸べたのが俳優仲間の綾野剛(39)だという。

 岡田と綾野は2020年11月公開の映画『ドクター・デスの遺産』での共演をきっかけに親交を深め、報道で岡田が事務所とトラブルにあると知った綾野は、すぐに連絡を入れたという。

「綾野は、岡田が今後も俳優活動を続けられるように、自分に何ができるか寄り添うように相談に乗ったといいます。綾野が所属する事務所は俳優にとっていい条件がそろっている事務所ですからね。岡田が綾野の事務所に移籍する可能性もささやかれています」(芸能記者)

■田中圭のギャンブル借金を肩代わり

 綾野の事務所には、小栗旬(38)を筆頭に、田中圭(36)、間宮祥太朗(28)、坂口健太郎(29)など、イケメン実力派俳優が多数所属している。

「所属事務所とトラブルを起こし、移籍や独立となすれば、数年間は満足に芸能活動ができないということも少なくありません。ブレイクしつつある岡田ですが、現在は引退の危機もささやかれています。そんな中にあって、小栗は事務所の看板俳優でありながら、取締役も務めていますし、近い将来、社長に就任するという報道もあります。

 仮に岡田が小栗の事務所に移籍することになれば、小栗は積極的に動くはずだと、『女性セブン』では伝えています。小栗は以前から俳優の労働組合(ユニオン)を作りたいと言っていたぐらいですから、岡田の状況を見逃すことはできないでしょう。

 岡田に対し、“自分が守ってやる”という思いもあるのではないでしょうか。小栗は以前から男気にあふれ、俳優仲間からも“アニキ”として慕われる存在ですからね。田中圭も小栗に救われた俳優の1人ですよね」(前出の芸能記者)

 田中は俳優としてブレイクする前、かなりギャンブルにのめり込んでおり、100万単位では済まないほどの借金を抱えたこともあったという。

「その借金を肩代わりしたのが、小栗だったそうです。小栗はこのとき、“このままだと俳優として終わる。ギャンブルから足を洗ってやり直せ”と熱い言葉を送り、これがきっかけで田中は奮起することができて、現在のブレイクにつながったといいます。

 また、5月12日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した田中は、偶然、後輩へのプレゼントを選んでいる小栗と会った際に、ノリで“自分は小栗からプレゼントをもらったことがない”と言ったところ、“お前に何もあげたことないから車買ってやるよ”と言われたと明かしています。

 しかし、事務所社長に“お前も半分出せ”と言われたため、小栗と購入費用を折半したといいますが、その一言がなければ、全額小栗が出すことになっていたようです」(前同)

■ラーメン店差し入れにスタジオ建設まで!

 小栗を慕う俳優仲間などで構成される「小栗会」のメンバーを引き連れて飲みに行った際には、当然、小栗が全額を支払っているという。

「小栗は“差し入れ”も豪快で、ムロツヨシ(45)が出演するドラマに“ラーメン店”を差し入れ。橋本環奈(22)が一人暮らしを始めたと聞いた際にはドラム式洗濯機を、映画で共演した戸塚純貴(28)にはソファをプレゼントしたといいます」(芸能プロ関係者)

 ラーメン店を差し入れしてもらったというムロは、2018年11月にツイッターを更新して「小さな栗から旬なる差し入れ届きました」「ラーメンではなく、ラーメン屋を差し入れた、我が栗、ハリウッド旬、すげーな、スターだわ、大恋愛チーム、みんな大喜び 小さい栗でも大きい旬よ、感謝だよ、友人よ、ありがとう」と、小栗に感謝を述べている。

 2018年8月放送の『あさイチ』(NHK総合)に出演した小栗は、NHK大河ドラマ『西郷どん』で共演した鈴木亮平(38)から信じられない話を暴露されている。

「VTR出演した鈴木は、小栗が稽古場として使えるスタジオを自腹で建設した、という話を暴露したんです。そのスタジオは小栗専用というわけではなく、役者仲間にも開放されていて、『西郷どん』に出演していた大野拓朗(32)や泉澤祐希(28)ら若手のキャストも利用したといいます。

 小栗は“夜な夜なみんなでお芝居の稽古をするところがあったらいいのに”と友人が漏らしたことをきっかけに、スタジオを作ってしまったといいますから、驚きですよね」(前同)

■綾野剛に「俺と心中して」で事務所スカウト

 岡田に手を差し伸べたという綾野剛も、小栗がいたからこそ現在の活躍ができていると、2015年5月の『A-Studio』(TBS系)で明らかにしている。

 2人は2009年公開の映画『クローズZERO 2』で初共演。映画の打ち上げ会場に移動する際、小栗はなぜか乗る必要のないタクシーに綾野を誘い、2人きりの環境になると「綾野くんさぁ……俺と心中してくんね?」と語りかけたという。

 当時、綾野は発言の意図がわからず、「気持ち悪いなぁ、この人……」「死ぬんやったら勝手に死ねや」と思ったそうだが、小栗から「剛みたいなやつがほしいんだ。うちの事務所をちゃんと役者事務所にしたい。本当に“本物”しかいない事務所にしたいから……。いつか事務所の人間だけで舞台とかやりたいんだよね」と熱い思いを聞かされ、小栗の事務所に移籍する決意をしたと明かしたのだ。

「綾野は自身が俳優としてブレイクしたのは、“間違いなくそのこと(事務所移籍)が理由だった”と語り、仕事が入るたびに小栗に報告していたといいます。綾野をはじめ、田中圭など、現在ドラマや映画で活躍している俳優の中には、小栗に世話になったという人物が少なくないでしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

 小栗が“アニキ力”を発揮し、岡田健史を救う!?

関連リンク

  • 6/13 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます