滝藤賢一、絶倫度「加藤鷹の10倍」に唖然! 妻への想いで涙を見せるも…離婚寸前だった?

拡大画像を見る

 6月9日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)では「友達を占ってもらっちゃったスペシャル」と題し、メインMC各3人が自身の友人と最強占い師たちを引き合わせた。

 水野美紀が連れたのは、俳優の滝藤賢一。

 プライベートで非常に仲が良く、最強占い師・星ひとみが占っている最中に「お友達…?」と交際を疑うほどだった。

 占いが大好きという滝藤は、星との対面占いが始まる時には、番組史上初の手土産を持参し、献上していた。

 カーリーなヘアに、シワシワな笑顔、渋さを纏った名俳優の素顔は、いかに。

「ジャングルの星っていうのを持っているんです。植物とかベランダからパワーをチャージしている」と、星に話をされれば「休みの日は、ほぼバルコニーで植物と一緒にいます」とロックオン(=的中)。

 そして電車沿いに住むタイプかと聞かれれば「電車の振動で窓ガラスが割れていたくらい近い家に住んでいた。昔は停車している満員電車の窓から俺が寝ている姿が見えていた」というドラマのワンシーンのような話に加えて、今に至るまで歴代の家は駅の傍だと振り返った。

 プライベートでは4児の父でもある滝藤。なんとなく予想が付きそうだが、ここで星から確信を突くような話に。

「ド変態の星が入っていて、4つ入っているんです。ド変態・下ネタ・エロス・絶倫」

 真顔で読み上げる星に対し「自分でもね、病気なんじゃないかって思うぐらい、絶倫なの」と滝藤はスイッチがオン。直球のキャッチボールは続く。

「ここまでの絶倫の方って加藤鷹さん以上ですよ。10倍くらい」

 これには、同席した水野も同感して大笑いしているが、実は水野も以前、星にその“絶倫”を占いから指摘されている。

「夜、この2人すさまじいですよ」

 類は友を呼ぶのだろう。

 そんな滝藤は21歳で実力派俳優を多く輩出している養成所「無名塾」に属し、苦労を重ね25歳からダウンしていたという。

「努力しても努力しても報われないし、演技が上手くもならない。人の芝居をみては、文句をいう。でも実際は、自分では全然できないくせに。そのバランスが取れなかったですね。ドン底というか腐りまくっていた時ですかね。20代」

 そしてその救いの人が、今の妻だと星が明かした。

「2009年に何かを辞める、脱皮する。そこから次のステージに上がるんです」

 滝藤は「09年に子供ができて結婚して、その流れでレギュラー番組とかが決まってアルバイトを辞めた。そこから、もう仕事が止まらないですね」と、無名塾の後輩であり、今は一般人である妻の内助の功を嚙み締めた。そして、滝藤は妻の手相の写メを持参していた。

 少しドキドキしている滝藤を前に「あ、奥さんメチャクチャいい人ですね。スゴイですね。まっすぐ、本当にピュアで一生懸命頑張る人。なかなか弱音は吐かないけど、MAXになってダメになると泣いちゃう」と基本性格について星が話すと「そう」と喜んで聞いていた……かと思えば「そう分かる、ごめん」と手で顔を隠し、急に眼を潤ませ声を震わせた。

 どうやら最近は対立してしまうことが多く、夫婦について悩んでいたようだ。

「それが、自分の中で(妻が)頑張りすぎてるって思っちゃったりして“そこまでやんなくていい”とか言っちゃうんですよね。ぶつかっちゃう。一昨日も俺、家出したんだよね」と赤裸々に語った。

 星が「来年には、そのズレはなくなるから」と光を照らすと「正直、もうダメかなって思った時もあったから、よかったっす」と、また滝藤は涙目に。

 俳優のリアルな動揺は、演技以上の迫力と葛藤からもブレない愛が伝わってきた。

  • 6/12 22:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます