コレが夫婦円満の秘訣?!妻がつい会話したくなる「聞き上手な夫」

聞き上手な人を見ると、男女関わらず尊敬しますよね。
聞き上手になれれば、仕事だけではなく夫婦仲も円満になるでしょう。

今回は、妻がつい会話したくなる聞き上手な夫を4つご紹介します!

(1)話の途中で遮らない



妻が話している途中に、間違っても「~じゃん!」「あのさ~」とさえぎって、持論を展開し出す夫にはならないでください。
ほとんどの妻は、「夫に自分の話を聞いてほしい」と思って話しています。

しかし、妻の話題を自分の話題にすり替えてしまうと、妻は話したがりません。
下手をすれば、夫婦の会話がなくなるきっかけになるので、話をさえぎらないようにしましょう。

(2)「相槌+α」を心がける



妻の話を「うんうん」「そうなんだ」と相槌してあげるのはいいことですが、聞き上手な夫になるためにもう一工夫しましょう。
たとえば、妻が美容院に行った話をした時、「やっぱりそうなんだ!髪がきれいになったと思った!」とひと言付け加えると印象が違います。

聞き上手になるためには、「相槌+α」を心がけてくださいね。

(3)質問して話を深堀していく



妻から1つの話題を出された後、自分から質問して深堀りできれば、どんどん聞き上手になれます。
たしかに話題がコロコロ変わるより、1つの話題で盛り上がったほうが楽しいですよね。

妻側も、自分の話に興味を持ってくれる夫を見て、嬉しくないわけがありません。

(4)ながら作業をしない



夫には、妻の話を聞く態度に注意してほしいもの。
妻が一生懸命話しているのにスマホをいじったり、どこか上の空だったりすると、話す側は悲しくなります。

ながら作業は辞めて、妻の話を100%集中する態度を見せましょう。


聞き上手になれれば、得することがたくさんあります。
妻との関係がさらによくなり、周りがうらやむ仲良し夫婦になれるかもしれません。

今回の記事を参考にして、ぜひ聞き上手な夫を目指してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/12 23:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます