元中日コーチ・門倉健の失踪原因全容/セ・パ交流戦の「危険球男」(3)

拡大画像を見る

 今年は強豪パを食う勢いで勝ち星を重ねる中日だが、世間では熱戦の模様ではなく、前2軍投手コーチ・門倉健氏(47)の失踪の行方ばかりが注目されている。

 6月4日発売の「FRIDAY」では、不貞関係にあった女性との逃避行の末に横浜市内の公園で野宿しているところを発見されたというが、

「同日に投稿された門倉のブログには、警察署に確認した上で『横浜で確認された事実はない』『安否の確認もされていない』と、夫人が署名入りの代筆で完全否定。その前日に発売された『週刊文春』で実名コメントを元にまとめられていた脅迫状についても『こんなの事実無根だよ。こんなこと一切話してないのに‥‥』と、親しい友人に漏らしているそうです」(スポーツ紙デスク)

 行方をくらましてから3週間たっても姿を現さない。連日ワイドショーを盛り上げたわりに、些末な不貞が理由だったことで体裁を悪くしていると言われる。

「ただの女性トラブルですからね。相手は50代の中日ファン女性です。同じ神奈川県在住の既婚女性に手を出したから、ややこしくなっている。失踪先のホテルに相手の夫が乗り込んでくる修羅場だったと聞きました」(球界関係者)

 不貞女性との逢瀬のため、友人・知人から金を無心していた疑惑も浮上しているが、

「門倉の借金癖は有名だよ。コーチに就任する前、中日時代の先輩が運営するボーイズリーグのチームで教えていた時期がある。その時から教え子の保護者に金をせびっていたんだ。誰かれ構わず借りちゃうんだから、しょうがないヤツだよ。今回も親しい先輩らに助けを求めたんだろうな」(中日OB)

 ちなみに、夫婦ゲンカが原因でトンズラした〝前科〟は数回あったとも。

 そんなこんなで、球団も門倉氏には手厳しいジャッジを下しているようだ。

「5月15日に本人と連絡が取れた球団は、失踪の理由を聞いて呆れ返ったようです。その場で『自分で退団届を書いて提出しろ』と、退団勧告があったと言います。コーチ就任前の身辺調査で金銭トラブルは把握していましたが、女性トラブルとセットになっていては、球団もかばいきれなくなってしまった。韓国球界でのコーチ時代に、クビ寸前だったバンデンハーク(36)の才能を開花させた手腕を買われていただけに、残念ですよ」(球界関係者)

 警察が「事件性はない」としていたのも、これでナットクか。門倉氏の下支えが実ったおかげもあって、中日のチーム防御率2.84は12球団トップ。自業自得とはいえ、球界からまた一人有能な指導者が去ってしまった。

*「週刊アサヒ芸能」6月17日号より

関連リンク

  • 6/12 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます