ピエール瀧に続く…!?当局「コカイン捜査」激変で「5人のアブナイ薬物疑惑芸能人」!

拡大画像を見る

 6月4日、東京・六本木で覚醒剤とコカインを営利目的で所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課と麻布署は、覚醒剤取締法違反容疑(所持)などで、ナイジェリア国籍で職業不詳のモデベル・クリス・オー容疑者(54)を現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は6月2日、六本木のビル外階段に設置されたメーターボックス内に、コカイン約30.5グラムと覚醒剤約0.6グラム所持していたことで、メーターボックスからコカインなどを取り出そうとしたところを現行犯逮捕された。

 よくニュースで報じられる違法薬物密売人の逮捕事案かと思われるが、これが画期的なことだったと6月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では伝えている。

「モデベル容疑者は“現行犯逮捕”されているんです。コカイン絡みの事件での現行犯逮捕は、8年ぶりなんです。実は、2012年から2013年にかけ、コカインの誤認逮捕事件が相次ぎ、警察庁が現行犯逮捕を禁じていたんです」(夕刊紙記者)

 8年前、日本国内では危険ドラッグが蔓延。そういったドラッグの中にはコカインと似た成分のものもあり、当時、警察当局が使用していた試薬での簡易鑑定キットではコカインと間違えて判定され、逮捕後の本鑑定で結果が覆されるという事例が続出していたという。

「それまで、覚醒剤に比べてコカインの検挙例は圧倒的に少なかったんです。しかしここ数年、コカインの所持や譲渡などの検挙事例が急増。警察庁はコカインの簡易鑑定の改善に取り組み出し、今月から警視庁でも新試薬による簡易鑑定キットの導入がスタート。

 現行犯逮捕も解禁され、その直後の逮捕劇ということで、『週刊文春』以外にも複数の新聞などで、この事件が取り上げられることになったんです」(前同)

■人気二世俳優は誕生日パーティで……

 日本でもコカインの所持や譲渡などの事例が増えているというが、“コカイン逮捕”で思い出される有名人といえば、電気グルーヴのピエール瀧(54)だろう。

 2019年3月、瀧はコカインを使用したとして逮捕。同年6月に麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け、現在は執行猶予中の身ではあるものの、俳優やミュージシャンとしての活動を再開。8月22日開催予定の「FUJI ROCK FESTIVAL‘21」にも電気グルーヴとして出演する。

「コカインは使用しても効果があるのは30分程度。そのため、仲間内のパーティなどで使用してもすぐにシラフに戻ることができる。見た目には使用したかどうかがわかりにくい薬物だったんです。

 しかし、簡易キットが導入され、現行犯逮捕も解禁されたということで、瀧のように逮捕される芸能人も増えるのではないかとみられています。ここにきて、あらためてコカインの噂が出ているのは二世俳優のAですよね」(月刊誌ライター)

 映画やドラマで活躍した個性派俳優を父親に持つAは、父親譲りの演技派で知られ、いま現在でもドラマや映画、CMに引っ張りだこの人気俳優だ。

「Aには数年前からコカイン中毒疑惑がつきまとっており、瀧が逮捕された当時も“Aももう時間の問題だ”と記者間ではささやかれていました。Aは4年ほど前、少人数の仲間と開いた自身のバースデイパーティで、テーブルの上に白い粉末で自分の年齢の数字を作り、“おめでとう!”の声に合わせて鼻で一気に吸い込んだ、という話まで聞こえてくるほど。

 パーティの参加者はごく近い関係者なのでしょうが、人前でそんな行為をするなんて、明らかに薬物に対する感覚が麻痺していますよね。また、音楽業界も違法薬物とは密接な関係にあるともっぱらですが、ミュージシャンのBとCに対するマークも厳しくなっているといいます」(前同)

■人気歌手&アーティスト、人気女優の名前も

 Bは圧倒的な歌唱力が持ち味で、多くの女性ファンを持つ人気歌手だ。また、Cは長年活躍しているアーティストで、現在も根強いファンが多い。Cは数年前にも、当局の内偵が入るのではないかとささやかれたこともあったという。

 前出の月刊誌ライターは言う。

「BやCもそうですが、人気女優のD周辺にもキナ臭い話が浮上しています」(前出の月刊誌ライター)

 Dといえば、民放各局やNHKのドラマにも数多く出演し、バラエティ番組にも出演する人気女優として知られている。

「Dの交際相手の男性が、麻薬取締法で逮捕秒読みではないかという情報が流れているんです。男性は会社経営者で、年商は数億円。会社の事業はマスコミとも関係が深く、このところの事業も好調なようです。しかし、捜査当局はその男に疑惑の目を向けているといいます。

 D自身にも過去には違法薬物の使用疑惑がささやかれたことがありましたが、彼氏の絡みで再びDの名前も浮上しているということです。さらにはイケメン若手俳優のEにも薬物疑惑が浮上しています」(前同)

■イケメン俳優Eは春先に当局にマークされていた!?

 Eといえば、20代前半の頃からドラマや映画に主演。今後は国際的な活躍も期待されるイケメン俳優として活躍中だ。

「Eについては、クランクインが予定されていたにもかかわらず、直前になって製作が中止になってしまった映画があり、その原因がEの問題行動によるものだという報道がありました。

 春先に当局がEを薬物疑惑でマークしていたという話で、映画関係者の間ではちょっとした騒動になったということですね……」(前出の月刊誌ライター)

 コカインの新試薬鑑定キットの登場で、芸能人の違法薬物逮捕も増えるのだろうか――?

関連リンク

  • 6/12 8:56
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 平安貴族

    6/12 21:14

    下手な作文 これで飯が食えるのか なんてお気楽な仕事なんだ

  • ソフィア

    6/12 20:05

    事実でもない匿名記事しか作れないクソ会社

記事の無断転載を禁じます