ヘイセイ知念侑李とトラウデン直美、“超異例”の熱愛記事の裏に「損得問題」!

拡大画像を見る

 6月10日発売の『女性セブン』(小学館)に報じられた、Hey!Say!JUMP(ヘイセイ)の知念侑李(27)とモデルでタレントのトラウデン直美(22)の熱愛。

 知念とトラウデンは共通の知人がいたことから親交を深め、2020年末に急接近し、今年に入ってから本格に交際がスタート。2人はインドア派同士で、知念の自宅でデートを重ねており、トラウデンは知念宅から大学に通学することもあるという。

 女性誌編集者は言う。

「今回の熱愛報道は“異例中の異例”と言えるのではないでしょうか。というのも、『女性セブン』にはツーショットが掲載されていないんです。ジャニーズ事務所は、基本的にツーショットがないと交際を認めることはありません。

 ただ、今回はツーショットがないにもかかわらず、“2人が交際している”という内容の記事が出たわけです。しかも、『女性セブン』はジャニーズ事務所と良好な関係を築いている雑誌ですからね」

 知念とトラウデンの熱愛を報じる、6月10日発売の『女性セブン』には、ジャニーズ期待のホープ・美 少年の浮所飛貴(19)のグラビアとインタビューが掲載されている。

「にもかかわらず、ジャニーズ事務所は知念とトラウデンの交際記事を黙認したわけです。ファンの間では“ツーショットは撮られていないからガセネタだ”という声もあります。ジャニーズ事務所が知念本人にトラウデンの交際について“事実無根”と確認できれば、今回の記事が掲載されることはなかったはず。

 しかし、それでも熱愛記事が掲載されたということは、ジャニーズ事務所サイド、さらに知念も交際を半ば認めたということになるわけです」(前同)

■ヘイセイのマンネリ化を熱愛報道で打破の打算!?

 一方のトラウデンは、ファッション誌『CanCam』(小学館)の専属モデルを務めている。

「『CanCam』を発行しているのも『女性セブン』と同じ小学館です。知念との交際が事実無根であれば、トラウデンサイドも『CanCam』の関係者を通じて、“ない話なので掲載しないでほしい”と伝えたのではないでしょうか。

 ただ、今回の記事が出た裏には、ジャニーズサイドの“損得勘定”が働いている可能性も見え隠れします。今回の熱愛報道でよりダメージを受けたのは知念よりも、トラウデンのほうなのではないか、という声もありますからね」(芸能プロ関係者)

 多くの女性ファンに支えられているジャニーズタレントである知念のほうが、熱愛スキャンダルのダメージは大きそうだが、

「知念が所属するヘイセイには今、勢いが感じられませんよね。今は若手のKing&Prince(キンプリ)やSnow Manがどんどん伸びてきていて、両組のCDセールスは50万枚、さらには100万枚に迫るものもある。一方、5月12日発売のヘイセイの最新シングル『ネガティブファイター』の初週売上は21万枚。

 たしかにすごい売り上げではあるのですが、勢いに乗る若手グループに比べると見劣りしてしまいます。ヘイセイは今年でデビュー14年目とキャリアも長い。その分、いい意味でも悪い意味でも安定してしまってきている。

 そんな中にあって、“トラウデンという存在”がすごくいいんです。彼女の父親は京都大学でドイツ語やドイツ文学を教えるインテリで、トラウデン自身も慶應大学法学部政治学科に在学中です。また、キャスター業もバリバリこなしていて、非常にイメージがいいんですよね」(前同)

■トラウデンは交際相手として満点

 トラウデンは2019年11月10日にNHKで生放送された、天皇陛下の即位を披露するパレード『祝賀御列の儀』の特別番組に出演。そのコメント力が絶賛され、以降は『Mr.サンデー』(フジテレビ系)や『ひるおび!』(TBS系)、『日経プラス10』(BSテレ東)など、数々の報道・情報番組でキャスターを務めている。

「トラウデンは決してチャラチャラしていない、一本筋のしっかり通った、さらに好感度抜群で幅広い世代から支持されているタレントなんです。ジャニーズ事務所としても自社のタレントの交際や熱愛報道をよしとはしませんが、交際する相手としては満点に近い相手です。

 ヘイセイはグループとしてマンネリ化してきています。ジャニーズサイドとしては、今回の熱愛記事を起爆剤にして、ヘイセイの現在の状況を打破したいという思惑もあるのではないか、とも言われているんです」(前出の芸能プロ関係者)

 また2人の“タイプ”もプラスに働きそうだという。

「知念もトラウデンも超のつくほどのインドア派だそう。外でデートしたことがないのではないか、とも言われています。これについても“コロナ禍においてしっかりしている”という評価にもつながり、変なバッシングも起こりづらい。

 ジャニーズタレントの熱愛が報じられれば、通常であればダメージが大きいですが、今回の知念へのダメージは少なく、むしろ得な要素のほうが多いのでは、とも関係者の間では言われています」(前同)

■トラウデンは“グラビアもできるホラン千秋”

 一方、「トラウデンのほうが損をしている」という見方もあるという。

「トラウデンは今まさに売り出し中のタレントで、キャスターだけでなく、『CanCam』モデルを務め、さらに『FRIDAY』(講談社)などでは、そのスタイル抜群の美ボディを惜しみなくさらけ出すグラビアにも挑戦しています。

 業界では“グラビアもできるホラン千秋”といった評価もあり、今はグラビアもやりつつ、将来はキャスターとしてバリバリ活躍するのではないかと期待されています。ただ、今はグラビアをやっていることもあり、男性ファンからの支持率が急上昇中。

 そんな中にあって、彼氏が発覚したことで男性ファンが離れてしまう可能性もある。その点で、ジャニーズタレントの知念よりも、トラウデンのほうがダメージは大きいという見方もあるんです」(前出の芸能プロ関係者)

 得をしたという声も上がる知念、損をしてしまったかもしれないトラウデン。2人の恋愛関係は今後どのような展開を迎えるのか!?

関連リンク

  • 6/12 8:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます