いきものがかり 3人体制でのラストライブ 山下穂尊「去れるのは幸せ」

拡大画像を見る

 音楽ユニット・いきものがかりが11日、横浜アリーナで、全国ツアー最終公演を行った。ギターの山下穂尊(38)が今月2日に脱退を発表しており、3人体制でのラストライブ。最後の思い出を作るように、「YELL」など20曲を奏でた。メンバーとしての山下の活動は7月末までで、8月からはボーカル・吉岡聖恵(37)とリーダー・水野良樹(38)の2人組となる。

 小学校から高校まで同級生だった山下と水野が結成したいきものがかりに、吉岡が加入したのが1999年11月3日。あの日から7892日、苦楽を共にした22年間にも及ぶ“3人での歩み”に、区切りをつけた。

 アンコールの途中、鳴りやまない拍手を受けた山下は、「奇跡の景色を見て、このグループを去れるのは幸せ。僕は大きな犠牲を払って、次の世界に飛び出そうと思います。山下穂尊を見守ってくれたらうれしいし、新生いきものがかりの背中を押してもらえたら」と旅立ちのスピーチ。目を潤ませて聞き入った吉岡は、惜別の思いを込めて代表曲「ありがとう」を続けた。

 最後の1曲を残して大粒の涙を流す吉岡、水野とは対照的に、山下は達成感を示すような笑顔。デビュー曲「SAKURA」を歌い終えると、山下の提案による一本締めで、3時間14分のステージのフィナーレを飾った。

関連リンク

  • 6/11 21:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます